成海璃子、6年ぶり共演の松山ケンイチは「お父さんになっていてすごい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月17日 > 成海璃子、6年ぶり共演の松山ケンイチは「お父さんになっていてすごい」
メニュー

成海璃子、6年ぶり共演の松山ケンイチは「お父さんになっていてすごい」

2012年9月17日 17:00

松山ケンイチとの共演を振り返った成海璃子「神童」

松山ケンイチとの共演を振り返った成海璃子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の成海璃子が9月16日、東京・銀座にある広島のブランドショップ「TAU」で開催中の「清盛フェア」のオープニングイベントに出席。成海はNHK大河ドラマ「平清盛」で清盛の妻・時子の妹の滋子(しげこ)役を演じており、映画「神童」以来およそ6年ぶりの共演となった清盛役・松山ケンイチを「あの時はちょうど私くらいの年齢だった。今はお父さんになっていてすごいなと思った」としみじみ語った。

今年7月にオープンした広島の物産品等を取り扱う専門ショップ「TAU」が、平清盛ゆかりの地である広島の魅力をアピールするために企画したイベント。期間中は、ドラマ「平清盛」のパネルや小道具の展示、平安衣装「壺装束」の着付け体験などを行う。

成海は、大河ドラマ初出演に「伝統あるドラマなので率直にうれしかった。だんだん現場に慣れてきたけれど、初日は緊張しすぎて挙動不審になっちゃった」と明かした。また、松田翔太演じる後白川河上皇の妻という役柄に「滋子は相当面白い人じゃないといけない。周りの人が言わないようなことをすっと言えるような人」と思入れを語った。

広島での撮影は、「お好み焼きが大好き。平家の方々と食事に行く“平家会”も楽しい」と和気あいあいとした雰囲気。タイトルロールを演じる松山には、「清盛は松山さんしか演じられない役。これからも松山さんに付いていこうと思う」と全幅の信頼を寄せていた。ドラマの人物デザインを手がける柘植伊佐夫氏もイベントに参加し、「今後もエピソードに事欠かない。ストーリーが波打っていて、やりがいがあるなと感じている。ますます楽しんでほしい」と語った。

「清盛フェア」は、9月16~28日まで同所で開催される。

神童(通常版)[DVD] 神童(通常版)[DVD] 最安価格: ¥3,175 “神童”として幼い頃から大人の期待を背負い、ピアノとひとり向かい合ってきた孤高の天才少女・うたは、自分がピアノを好きかどうかすら分からなくなっていた。そんなある日、落ちこぼれの音大受験生・和音と出会い、音楽の真の喜び、人とのつながりのあたたかさに目覚めていく…。出演:成海璃子、松山ケンイチ
ドン★キホーテ DVD-BOX[DVD] ドン★キホーテ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,204 泣く子も黙る任侠集団の親分がある日突然普通の青年の魂と入れ替わってしまったことから、青年となって児童相談所の職員として子供たちを救っていく姿を描いたドラマ。出演:成海璃子、松田翔太

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi