実話から生まれた映画「人生、いろどり」で主演の吉行和子 女性の生き方に感慨深める : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月14日 > 実話から生まれた映画「人生、いろどり」で主演の吉行和子 女性の生き方に感慨深める
メニュー

実話から生まれた映画「人生、いろどり」で主演の吉行和子 女性の生き方に感慨深める

2012年9月14日 17:30

「人生、いろどり」主演の吉行和子「人生、いろどり」

「人生、いろどり」主演の吉行和子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 四国で一番小さな町から生まれた、奇跡の2億円“葉っぱビジネス”の実話を元にした「人生、いろどり」が、9月15日から公開される。オファーから4年、撮影を心待ちにしていたという主演の吉行和子に、本作への思いを聞いた。

徳島・上勝町はみかん産業が全廃し人口減少も進む、活気を失ったいわゆる過疎地だった。しかし1人の若者・江田(平岡祐太)のアイデアから、山で採れる葉っぱを料理の“つまもの”として販売するビジネスが動き出す。町中から猛反対されるなか、面白半分で賛同したのは花恵(富司純子)。その花恵の誘いを断れず参加することになったのが薫(吉行和子)、幼なじみで次第に仲間に加わっていくのが路子(中尾ミエ)だった。はじめはゴミ扱いされる葉っぱだったが次第に売り上げを出すようになり、町の人々の気持ちも変わり出す。人生をあきらめないことの大切さや様々な形の絆を描く、ぬくもりが詰まった作品だ。

葉っぱビジネスの存在を、ニュースなどでずいぶん前から知っていたという吉行。周囲に相手にされなくてもあきらめず、ビジネスを始めた町の人の姿勢に強く引かれたと語る。「今の日本人は消極的で、何をやってもうまくいかないと思ってしまいがち。でも実際にこのビジネスを起こした人たちは、『どうなるかわからないけど、とりあえずやってみよう』と思った。その勇気が一番素敵だと思ったんです」


(C)2012「人生、いろどり」製作委員会「人生、いろどり」

(C)2012「人生、いろどり」製作委員会
[拡大画像]

そして江田を筆頭とし、女性たちは動き出す。「他の農家の人からは、そんなものが売れるのかってゴミ扱いされてしまうんですけど、『それでもいいじゃない、やってみよう』って女性たちは思うんですよね。その時あきらめなかったことが成功につながったのだと思います。この映画はたまたま葉っぱが題材のものですけど、世の中にはチャレンジすることが一杯ありますよね。この映画を見た人には、何かにチャレンジする“きっかけ”を感じてもらえたらうれしいですね」

農村の再生を描く一方で、夫婦の絆を見つめる側面もある。「夫婦がどうやって再生していくか、家族がどうやって絆を強めていくかも描かれているんです。薫はだんなさんの言う通りにすることが当たり前で生きてきた女性だったけど、葉っぱビジネスをきっかけに、初めて自分の意志で歩き出すんです。だけど決してだんなさんを置いていこうとはせず、一緒に喜びを分かち合ってほしいと思い続ける。薫のそういう気持ちは本当に素敵だなと感じていました。だから、演じる際はそこを特に大切にしていましたね」

映画には、地元のエキストラも多く出演した。現地の人たちとの交流は実に感動的だった、と吉行は振り返る。「“一緒に作る”という意識を本当に強く持ってくださっていたんです。エキストラの方々も私たちも、“同じ土壌にいる出演者”という気持ちでやらせていただきました」と、笑顔で上勝町に敬意と感謝を示した。

人生、いろどり」は9月15日シネスイッチ銀座ほか全国で公開。なお、徳島県では9月1日から先行上映されている。

シェアハウス[DVD] シェアハウス[DVD] 最安価格: ¥3,201 海のそばでシェアハウスを始めた、世代も性格も全く異なる女性4人の人生再生の物語。主演は「佐賀のがばいばあちゃん」「おくりびと」の吉行和子。
しあわせのパン[DVD] しあわせのパン[DVD] 最安価格: ¥4,010 東京から北海道へ移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦と、そのお店を訪れる様々な人々の人生模様を描いたドラマ。出演:平岡祐太

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi