クリント・イーストウッド、俳優復帰の真相を初めて語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月13日 > クリント・イーストウッド、俳優復帰の真相を初めて語る
メニュー

クリント・イーストウッド、俳優復帰の真相を初めて語る

2012年9月13日 08:00

俳優復帰について初めて語ったクリント・イーストウッド「人生の特等席」

俳優復帰について初めて語ったクリント・イーストウッド
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッドが主演俳優として銀幕に復帰する「人生の特等席」が、11月23日から日本で公開される。今年で82歳になるイーストウッドは、自ら監督・主演を務めた「グラン・トリノ」(2008)をもって「もう積極的に役は探さない」と語り、事実上の俳優引退を宣言。映画.comは、これまで口を閉ざしていたイーストウッドが、今作に出演するに至った経緯、心境の変化を初めて明かしたコメントを入手した。

イーストウッドが、自身の監督作以外で俳優として出演するのは「ザ・シークレット・サービス」以来、実に19年ぶり。今回の復帰については、「『グラン・トリノ』はとても有意義で、この年になればどちらかに専念すべきだと決めた。1970年から俳優と監督をやっているが、両立は大変だと思うことがあるからだ。だから、俳優業はもうしないと思っていた。今回は、面白い役だったのでやってみた」と語る。

今作は、「マディソン郡の橋」(95)以来、17年にわたりイーストウッドから映画製作を学んだ愛弟子、ロバート・ロレンツ監督のメガホン。大リーグの伝説的なスカウトとして活躍してきたガスが、年齢による視力の衰えを隠せず、その手腕に球団フロントは疑問を持ち始める。苦境に立たされたガスを助けたのは、長年離れて暮らし良好な関係とはいえない一人娘のミッキー(エイミー・アダムス)だ。親子が久々に対じすることにより、これまで語られることのなかった過去と真実が明らかになる。

4年ぶりの演技を「とても面白かったよ」と述懐するイーストウッドは、「年をとるといい役があまりないからね。この後は監督をやるだろうけど、ときどき俳優をやるのも楽しかったよ」と話し、俳優業へのさらなる意欲をうかがわせた。それでも、「監督業のほうが好きだ。なぜなら、映画作り全体を手がけることができるからだ」と本音を隠すことなく話した。

人生の特等席」は、11月23日から全国で公開。

グラン・トリノ[DVD] グラン・トリノ[DVD] 最安価格: ¥927 妻に先立たれ、人に心を許さず頑固生きる一人暮らしの老人と、学校にも行かず仕事もない隣人の少年との交流を描いた、クリント・イーストウッド主演・監督による感動のドラマ。
ザ・シークレット・サービス コレクターズ・エディション[DVD] ザ・シークレット・サービス コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 ベテランのシークレット・サービスと神出鬼没の暗殺者との対決を描いたサスペンス・アクション作品。出演:クリント・イーストウッド

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi