樹木希林、「ツナグ」撮影現場で居眠り それでも配役には注文 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月11日 > 樹木希林、「ツナグ」撮影現場で居眠り それでも配役には注文
メニュー

樹木希林、「ツナグ」撮影現場で居眠り それでも配役には注文

2012年9月11日 19:00

「ツナグ」会見に臨んだ樹木希林と松坂桃李「ツナグ」

「ツナグ」会見に臨んだ樹木希林と松坂桃李
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松坂桃李が初の単独主演を果たした感動作「ツナグ」の完成披露会見が9月11日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、松坂をはじめ、共演する樹木希林桐谷美玲橋本愛大野いと遠藤憲一八千草薫、メガホンをとる平川雄一朗監督が出席した。

ベテランから若手まで幅広い俳優との共演に、松坂は「僕の役者人生にとって、大きな財産になった」と誇らしげに述懐。一方、樹木は平川監督から「現場でいびきが聞こえたので、怒鳴り込んだら、樹木さんが寝ていたので、何も言えなかった(笑)」と暴露されるも、「八千草さんのような絶世の美人の息子役が、どうして遠藤さんなの?」とキャスティングに注文をつけ、わが道を貫いた。

死者とのたった1度の再会を仲介する“ツナグ”の姿を描く辻村深月氏のベストセラー小説を映画化。松坂は主人公の高校生・歩美を演じ、樹木扮する祖母アイ子から“ツナグ”を引き継ぐ過程で、さまざまな葛藤(かっとう)と成長を初々しく演じた。「皆さんとお芝居を共有することで、濃密な時間を過ごすことができた。今後10年後、20年後、役者人生を振り返ったとき、『ツナグ』があったからこそ今があると思えるはず」と思い入れは格別だ。

主人公を一人前の“ツナグ”に導く役柄の樹木は、「隣に座る人をほめるのは、照れてしまう」というが、松坂の演技には太鼓判を押す。また「監督が特に気合いを入れたのは、ここにいる若くてきれいな3人の演出。もういいんじゃないかと思うほど粘っていた。個人的な趣味だと思いますけど」とジョーク交じりに語り、「でも粘った甲斐があった。皆さんの頑張りが作品の力になっている」と桐谷ら若手女優の健闘をたたえていた。

ツナグ」は10月6日から全国で公開。

わが母の記[DVD] わが母の記[DVD] 最安価格: - 昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、豪華キャストで描く親子の絆の物語。幼少期にひとりだけ両親と離れて育てられた小説家の伊上洪作。出演:樹木希林
侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(特別限定版)[DVD] 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(特別限定版)[DVD] 最安価格: ¥4,322 シンケンジャーとゴーオンジャーが、手を組んだガイアーク害統領バッチードと外道衆に立ち向かう姿を描く。出演:松坂桃李

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi