ベネチア金獅子賞はキム・ギドクの手に 韓国映画が初受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月10日 > ベネチア金獅子賞はキム・ギドクの手に 韓国映画が初受賞
メニュー

ベネチア金獅子賞はキム・ギドクの手に 韓国映画が初受賞

2012年9月10日 14:00

金獅子賞を受賞したキム・ギドク「アリラン」

金獅子賞を受賞したキム・ギドク
Photo by Ian Gavan/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第69回ベネチア国際映画祭が9月8日(現地時間)の授賞式をもって終了し、栄えある金獅子賞がキム・ギドクの「PIETA」にわたった。韓国映画が最高賞を受賞するのは、世界三大映画祭でも初めてのことだ。「まったく予想もしていなかった」というキムは、感激のあまり壇上で「アリラン」を熱唱した。北野武の「アウトレイジ ビヨンド」は、残念ながら賞を逃した。

ほかの受賞結果は、審査員特別賞にオーストリアの鬼才ウルリッヒ・セイドルの「Paradise: Faith」、監督賞と男優賞は、前評判の高かった「ザ・マスター(原題)」のポール・トーマス・アンダーソンと、主演俳優のホアキン・フェニックスフィリップ・シーモア・ホフマンがそろって受賞。女優賞にはイスラエル映画で瑞々しい演技を見せた若手ハダス・ヤロン、脚本賞には、五月革命を生きた若者たちの姿を描いたフランスのオリビエ・アサイヤスが輝いた。

全体的には、低予算のアートフィルムに花を持たせるベネチアの伝統を守りつつ、どちらかと言えば下馬評に沿った結果になった。ベネチアには、俳優賞以外はひとつの作品に2冠を与えてはいけないというルールがあるため、審査員長のマイケル・マンは、「それぞれの賞にもっとも適したと思える作品を、審査員メンバーのあいだで長い議論の末に慎重に選んだ。基準としてはエモーショナルで特筆すべき要素のあることがポイントだった」とコメントした。

キムの作品は、かつて息子を捨てた親が、いまは成人になった彼の前に突然現れ、罪の意識を抱えながら息子に尽くそうとする物語。暴力的な描写に始まり、最後はスピリチュアルな領域に至る力強いストーリーテリングで、賞を勝ち取った。また無冠に終わった中では、ブリランテ・メンドーザの「The Womb」が、子どものできない夫婦の微妙な心の機微を描き出し、高い評価を得た。

今年のコンペティションは計18本と例年に比べコンパクトだったが、総じてレベルの高い作品が並び、ディレクター交替後の面目を保った形となった。(佐藤久理子)

スーパー・ギドク・マンダラ キム・ギドク初期作品集BOX[DVD] スーパー・ギドク・マンダラ キム・ギドク初期作品集BOX[DVD] 最安価格: - 鬼才キム・ギドク監督の初の長編作『鰐』をはじめ、幻の3作品をセットにした初期作品集。
ダウト/あるカトリック学校で[DVD] ダウト/あるカトリック学校で[DVD] 最安価格: ¥1,543 トニー賞&ピューリッツア賞を受賞した舞台劇を、メリル・ストリープ×フィリップ・シーモア・ホフマン共演で映画化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi