ベネチア映画祭、コンペ注目2作が登場 評価は明暗わける : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月4日 > ベネチア映画祭、コンペ注目2作が登場 評価は明暗わける
メニュー

ベネチア映画祭、コンペ注目2作が登場 評価は明暗わける

2012年9月4日 14:45

ベネチア映画祭に登場したホアキン・フェニックス、 ポール・トーマス・アンダーソン監督、ジョアン・セラー、 フィリップ・シーモア・ホフマン、マディセン・ビーティ「ツリー・オブ・ライフ」

ベネチア映画祭に登場したホアキン・フェニックス、
ポール・トーマス・アンダーソン監督、ジョアン・セラー、
フィリップ・シーモア・ホフマン、マディセン・ビーティ
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第69回ベネチア国際映画祭の5日目を迎えた9月2日(現地時間)、テレンス・マリックの注目作「To the Wonder」が上映され、賛否を分けるリアクションを巻き起こした。公式上映、プレス上映、一般向け追加上映のどの回も双方の反応が見られ、好き嫌いを明確に分ける形となった。

物語は、フランスとアメリカの両大陸にまたがる。パリに住む女性が、アメリカ人の恋人のもとに引っ越し新生活を始めるが、やがてすれ違いが生じる。とはいえ、明確なストーリー・ラインがあるわけではなく、音楽的ともいえる流麗な映像スタイルは、前作「ツリー・オブ・ライフ」と同様だ。説明的なディテールをいっさい省き、別離と再会が繰り返されるカップルの姿を通して愛を謳った点に共感できるか、あるいは“気取り”と映り、入り込めないかによって評価が分かれたようだ。ベン・アフレックハビエル・バルデムという意外なスターのチョイスは、役どころを十分生かしきれているとは言いがたく、説得力に欠ける形となった。

一方、1日早く上映になったもう1本の期待作「ザ・マスター(原題)」は、すでにオスカーの呼び声もあがるほど高い評価を浴びた。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソンが50年代のアメリカを舞台に、心に傷を負った復員兵士がカルト的な宗教団体と出合い感化されていく様子を描く。

アンダーソン監督は、会見でサイエントロジーを参考にしながらも特定団体についての映画ではないことを強調。宗教そのものよりも、人間の弱さや指導者と弟子という人間関係などを描いたことを語った。また、インターネットで話題になっているトム・クルーズの反応については「彼には映画を見せたけれど、それについて話すつもりはない。いまでも友人だよ(笑)」と答えた。元兵士役のホアキン・フェニックスと宗教団体の“マスター”を演じたフィリップ・シーモア・ホフマンの火花散る共演はとくに見応えあふれるものになっている。(佐藤久理子)

ツリー・オブ・ライフ[DVD] ツリー・オブ・ライフ[DVD] 最安価格: - 実業家として成功したが人生の岐路に立ち、力こそがすべてだと信じる厳格な父と純粋すぎるほどの愛に満ちた母との狭間で葛藤していた遠い少年時代に想いを馳せ、自らの生き方を振り返るドラマ。監督・脚本:テレンス・マリック
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド[DVD] ゼア・ウィル・ビー・ブラッド[DVD] 最安価格: ¥1,543 ポール・トーマス・アンダーソン監督の「パンチドランク・ラブ」以来となる作品。アプトン・シンクレアの小説「石油!」を基に、石油王の破壊的な人生を20世紀初頭のカリフォルニアを舞台に描いた、アメリカン・ドリームの闇をえぐる鮮烈な大河ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi