高倉健、モントリオール観客総立ちに感涙「映画祭って良いものだね」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月3日 > 高倉健、モントリオール観客総立ちに感涙「映画祭って良いものだね」
メニュー

高倉健、モントリオール観客総立ちに感涙「映画祭って良いものだね」

2012年9月3日 13:07

スタンディングオベージョンに思わず 涙を浮かべた高倉健「鉄道員」

スタンディングオベージョンに思わず
涙を浮かべた高倉健
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の高倉健が9月2日(現地時間)、第36回モントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門に出品された主演作「あなたへ」の会見に臨み、公式上映にも出席した。上映後、場内からスタンディングオベージョンが沸き起こると、高倉は立ち上がり挨拶。目に涙を浮かべ、「泣いちゃったね。ふっと出てしまったよ。映画祭って良いものだね」と感慨に浸った。

1999年に開催された同映画祭(第23回)で、降旗康男監督作「鉄道員 ぽっぽや」の演技が評価された高倉は、日本人俳優として初めて主演男優賞に輝いている。しかし出席がかなわなかったため、今回初めて映画祭最高責任者であるセルジュ・ロジーク氏と対面。「『鉄道員』の際は、ありがとうございました」と感謝を伝えた高倉に、ロジーク氏は「よく覚えているよ」と笑顔で応じていた。

高倉が海外の映画祭のために現地へ赴くのは、1994年の「四十七人の刺客」でベネチア国際映画祭に参加して以来、18年ぶり。英語が堪能な高倉は、公式会見でも通訳を介さずに質問に答えるひと幕も見られた。今回の出席を決めた理由については、「13年前に最優秀男優賞をいただいたので、どこかで御礼がしたかったことと、降旗監督が来られなくなったので、しぶしぶ来ました」と語り、場内の笑いを誘った。

公式上映後、ハンカチで目頭を押さえた高倉は「今日みたいに映画の後にお客さんと時間を過ごすのは『八甲田山』以来です。終わった後、皆さんの拍手を受けて、なにかわからないゾクっとするものがありました。これが映画祭の持っている魔力なのでしょうか」と述懐。さらに、「何10年も役者をやってきても、こんな経験をするんですね。心に衝撃を受けました。映画にはそういう力があります」と語っていた。

日本映画の黄金期をけん引してきた高倉の通算205本目の出演作で、「夜叉」「あ・うん」のプロデューサーで2008年に死去した市古聖智さんが遺した原案を、降旗康男監督と脚本家の青島武が再構築したオリジナルストーリー。配給の東宝によれば、8月25日に全国339スクリーンで公開された今作は、封切りから9日間で観客動員82万人を突破する大ヒットを飾っているという。

鉄道員(ぽっぽや)[DVD] 鉄道員(ぽっぽや)[DVD] 最安価格: ¥2,389 北の果ての小さな終着駅で、不器用なまでにまっすぐに、鉄道員としての誇りをもって生きてきた“佐藤乙松”を描く。浅田次郎原作の名作小説を高倉健の主演で映画化した珠玉のドラマ。監督・脚本:降旗康男
四十七人の刺客[DVD] 四十七人の刺客[DVD] 最安価格: - 池宮彰一郎原作小説を映画化。従来の忠臣蔵を、現代的な情報戦・経済戦争という視点で実証的に描いた、映画誕生100年記念作品。出演:高倉健

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi