NHK朝ドラ・新ヒロインの夏菜、破天荒な役どころは自分と酷似!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月3日 > NHK朝ドラ・新ヒロインの夏菜、破天荒な役どころは自分と酷似!?
メニュー

NHK朝ドラ・新ヒロインの夏菜、破天荒な役どころは自分と酷似!?

2012年9月3日 20:16

笑みを浮かべながらガッツポーズする夏菜

笑みを浮かべながらガッツポーズする夏菜
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年後期のNHK連続テレビ小説「純と愛」の第1週完成披露試写会が9月3日、東京・渋谷の同局で行われ、新ヒロインの夏菜と相手役の風間俊介が会見した。ヒロインに大抜てきされた夏菜は、「オーディションに受かって東京に向かう新幹線の中で台本を読んだら、本当に自分に似ていた。私の人生23年を見て書いたんじゃないかというくらい」と、すっかり役になりきっていた。

快活な少女・純(夏菜)は、故郷・宮古島で祖父の代から続くホテルの経営にあこがれていたが、自分を認めてくれない父親を見返すため、大阪の大手ホテルに就職し修行を積み始める。そこで、他人とのかかわりを避けて生きる孤独な青年・愛(風間)と出会い、互いにひかれ合った2人はさまざまな障害を乗り越えて結婚するが、その先にも数々の難題が待ち受けていた。脚本を「女王の教室」「家政婦のミタ」などの遊川和彦が務め、速水もこみち城田優武田鉄矢舘ひろしら豪華キャストが脇を固める。

夏菜は、「純は自分を犠牲にしてまでも人を笑顔にしたいと思える子だけど、私はちょっと違うかな(笑)。純ちゃんになれたらどれほどいいだろうなと思う」と純のもつピュアさにあこがれの眼差(まなざ)し。風間も、「遊川さんが『キレイなヒロインをイケメンな男が支えるのは見飽きた! 街を歩いている普通のお兄ちゃんがヒロインを支えるのが良い。だから風間君なんだ』と言ってくれてほっとした。向井理さんや松坂桃李さんのようなポジションを求められていたらどうしようかと」と笑わせた。今後の展開についても、「ラブストーリーに発展するとは思えない第1週だけど、互いに支えながら2人で成長する物語なので、僕もともに成長していけたら」と期待を寄せた。

夏菜は、初共演となる風間を「演技のめちゃくちゃできる方なので、足を引っ張らないようにしないとなって思っていた。安定感抜群だし、どんなボールを投げてもドシッと構えてくれているのでやりやすい」と全幅の信頼を寄せていた。風間も、「デコボコな感じがぴったり合うような感じ。良いコンビなんじゃないかな。毎回反省しているヒロインの未熟さが愛おしい」と息を合わせていた。現場も和気あいあいとした雰囲気だそうで、夏菜が「私だけに優しくしてくれるならいいけど、風間さんは誰にでも優しいので、“親切君”と呼ぶようになったら、すごい怒っちゃった」と仲睦まじさをうかがわせた。

また、サプライズゲストとして主題歌「いちばん近くに」を歌うバンド「HY」も駆けつけた。ボーカルの新里英之は、「とっても勇気がもらえるドラマ。近くにいることは大事だけど近すぎて忘れてしまう、そんな絆(きずな)を歌にできたらという思いで作った曲。ドラマの背中を優しくサポートできたらうれしい」と語った。

NHK連続テレビ小説「純と愛」は、10月1日から放送開始(全151回予定)。

君に届け スタンダード・エディション[DVD] 君に届け スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,923 長い黒髪と陰気な見た目のせいで「貞子」と呼ばれ、クラスメイトから避けられてきた黒沼爽子が、高校に入学して、明るく爽やかで男女問わず人気のある風早翔太と同じクラスになったことで勇気をもらい、友達をつくり、恋をしていく姿を描いた学園青春ストーリー。出演:夏菜
「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 最安価格: ¥19,045 悲劇を背負った男女のふれ合いを中心に、時の止まっていた家族が明日への希望を見出そうと懸命に生きる姿を丁寧に描く。瑛太は友人に妹を殺害された被害者の兄、満島ひかりはその加害者の妹という“本来出会ってはいけない悲劇を背負った男と女”という難役を演じる。出演:風間俊介

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi