ミラ・ジョボビッチ「強いから倒すのが大変」ゾンビ演じた中島美嘉を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月3日 > ミラ・ジョボビッチ「強いから倒すのが大変」ゾンビ演じた中島美嘉を絶賛
メニュー

ミラ・ジョボビッチ「強いから倒すのが大変」ゾンビ演じた中島美嘉を絶賛

2012年9月3日 19:34

再会を喜ぶミラ・ジョボビッチと中島美嘉「バイオハザード」

再会を喜ぶミラ・ジョボビッチと中島美嘉
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気シリーズの最新作「バイオハザードV リトリビューション」のワールドプレミアが9月3日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、主演を務めるミラ・ジョボビッチをはじめ、メガホンをとるポール・W・S・アンダーソン監督、前作に引き続きアンデッド(ゾンビ)役で出演する中島美嘉が出席。ジョボビッチは「強いから倒すのが大変だった。天使の歌声をもっていて、ふだんは小鳥のよう。でも撮影が始めると、戦士に変わるの」と中島を絶賛した。

さらにアンダーソン監督は「美嘉のアンデッドぶりが素晴らしいから、今回もう1度出演をお願いしたんだ。断られると思ったけど、今回もミラと互角の戦いを見せてくれた。最大の見どころは美嘉とミラの戦い」と中島に太鼓判を押す。当の中島は「こんなにほめていただくと、うれしいような恥ずかしいような……」と恐縮しきりだが、アンダーソン監督から「また辛い目にあわせてしまうけどいいかな?」と次回作への出演を打診されると、「楽しみにしています」と早くも武者震いを見せていた。

ジョボビッチ扮するヒロイン・アリスが、渋谷やモスクワをはじめ世界各地でアンデッドを相手に壮絶な戦いを繰り広げるシリーズ最新作。シリーズ第1作「バイオハザード」(01)に登場したアンブレラ社の特殊部隊隊員レイン(ミシェル・ロドリゲス)や、ジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)ら人気キャラクターが再登場する。

ジョボビッチの来日は、昨年10月の第24回東京国際映画祭以来、約1年ぶりで「来日するたび、“故郷”に帰ってくる感覚。今日もファンの皆さんがこんなに集まってくれてうれしい」と大感激。アンダーソン監督も「ご存知の通り、『バイオハザード』は日本生まれの作品だから、故郷でワールドプレミアができるのは光栄。映画そのものも、日本の文化や建築、グラフィックデザインに強く影響されているんだ」と本作の“凱旋”に誇らしげだった。

ワールドプレミアには約1000人のファンが集結。また、「なかなか死なないアンデッド芸人」としてダンディ坂野、小島よしお鳥居みゆきがゾンビメイクで登場した。

バイオハザードV リトリビューション」は、9月14日から全国で公開。

バイオハザード[Blu-ray/ブルーレイ] バイオハザード[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 カプコン製作によるTVゲームシリーズをポール・アンダーソン監督がミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎えて映画化した大ヒットシリーズ第1弾。人類を脅かす新型ウィルスとの戦いを描いたサバイバル・アクション・ムービー!人類の存亡を賭け、一人の女性ファイターの決死の戦いが始まる…。出演:ミシェル・ロドリゲス
バイオハザードIV アフターライフ[Blu-ray/ブルーレイ] バイオハザードIV アフターライフ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,285 人気サバイバル・アクション・シリーズ!ウィルスによって破壊された世界で、アリスは生存者を捜しながら、安全な場所へと避難させることに奔走していた。そんな中、アリスの旧友が現れ、新しい安息の地ロサンジェルスに向かうが、そこはおびただしい数のゾンビ達がはびこる死の街と化していた。アリス達は罠に足を踏み入れていく…。監督・脚本:ポール・アンダーソン、出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、中島美嘉

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi