原発事故がテーマ 園子温監督の新作「希望の国」書き下ろし原作本が発売 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月2日 > 原発事故がテーマ 園子温監督の新作「希望の国」書き下ろし原作本が発売
メニュー

原発事故がテーマ 園子温監督の新作「希望の国」書き下ろし原作本が発売

2012年9月2日 23:16

「希望の国」(園子温著/リトルモア)表紙「希望の国」

「希望の国」(園子温著/リトルモア)表紙
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 園子温監督が東日本大震災から数年後の日本を舞台に、オリジナル脚本を手掛けた新作「希望の国」の公開を前に、書き下ろしの原作本が9月8日に発売することがわかった。

主演の染谷将太二階堂ふみが第68回べネチア映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した前作「ヒミズ」で津波の被害が甚大だった石巻でロケを行い、賛否を巻き起こした園監督。今作は、日本最大のタブーといっても過言ではない原発事故がテーマとなっている。

ヒミズ」完成直後から、津波と原発を切り離して描くつもりだったという園監督は、今作のために実際の福島の声を集め、映画にしようと考えた。何度も福島を訪れ、被災者の怒り、不安、混乱、苦しみなど、あらゆる思いを集め、原発に揺れる家族の物語が誕生した。本書は、その物語と、物語が生まれる過程を追った“半ドキュメンタリー”小説となっている。

原作本「希望の国」(園子温著/リトルモア)は9月8日発売予定(税込1575円)。映画「希望の国」は10月20日、東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

ヒミズ コレクターズ・エディション[DVD] ヒミズ コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,959 住田祐一、茶沢景子、ふつうの未来を夢見る15歳。しかし、そんな2人の日常は、ある“事件”をきっかけに一変。衝動的に父親を殺してしまった住田は、そこからの人生をオマケ人生と名付け、世間の害悪となる悪党を殺していこうと決める。自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか─。監督・脚本:園子温、出演:染谷将太、二階堂ふみ
園子温 監督初期作品集[DVD] 園子温 監督初期作品集[DVD] 最安価格: ¥15,552 園子温の原点である初期作品集が待望のリリース!!『男の花道』ほか初DVD化10作品、また園監督がこのBOXの為に完成させた、幻の未完成作品として伝説になっていた『BAD FILM』を含む、『自殺サークル』より前の初期作品15作品を収録!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi