東京セレソンデラックス「くちづけ」を堤幸彦監督、貫地谷しほり主演で映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月1日 > 東京セレソンデラックス「くちづけ」を堤幸彦監督、貫地谷しほり主演で映画化
メニュー

東京セレソンデラックス「くちづけ」を堤幸彦監督、貫地谷しほり主演で映画化

2012年9月1日 05:00

名作舞台「くちづけ」が映画化決定!「くちづけ」 名作舞台「くちづけ」が映画化決定!
(C)「くちづけ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年をもって解散を発表した劇団・東京セレソンデラックスの名作舞台「くちづけ」が、堤幸彦監督、貫地谷しほり主演で映画化されることになった。

原作は、2010年に4都市で公演され連日満員を記録した同名舞台。宅間が「自分の琴線に触れる作品づくりを本当にしているのか?」と自問した際、真っ先に脳裏に浮かんだ10年以上前に読んだ小さな新聞記事をもとに舞台化した意欲作だ。映画化に際しても、原作者の宅間が脚本を執筆している。

物語の舞台は、幼稚園児レベルの知能をもつ“うーやん”たちが暮らすグループホーム「ひまわり荘」。毎日仕事に通いながら楽しく暮らしていたが、住み込みのスタッフとして漫画家の“愛情いっぽん”先生と、ホームの皆と同様の知能レベルの娘・マコがやってくる。マコが加わったひまわり荘は、今まで以上に賑やかになる。そんななか、うーやんとマコの間に淡い恋心が芽生えたことで、いっぽん先生は心配でたまらなくなる。

宅間は、映画化のオファーを複数受けていたそうで「本当に映画として成立するのか? というのが本音でして、そういう意味ではオファーの時よりクランクインの時のほうが感慨深かったです」と述懐。自らが演出した作品を第3者に託すということについては、「今回は監督が作品を本当に愛してくれていたので、根本的な方向性は同じでした」と全幅の信頼を寄せている。

舞台を見ていたという堤監督は、「ただイイ話ではない。『深さ』があった。舞台を見て感動していた」と話す。それだけに、オファーを受けて「社会性のある題材にチャレンジしたいと思った。『くちづけ』には社会性がある。目を背けてはいけないことが作品の中にあると思う」と不退転の覚悟で撮影に臨んだ。

その思いは、貫地谷も同じだ。当初は不安だったというが、「私をキャスティングしてくれた方々、久しぶりにお会いする堤監督、大好きな共演者の皆さま、そして自分を信じて突き進んだ」という。だからこそ、撮影を終えた今は「私が演じるマコを含め、個性豊かな人間がたくさんそろいました。可笑しくて可愛くて切なくて本当に本当に皆さんに見てもらいたい、そんな作品になりました」と手ごたえのほどをうかがわせた。

なお、愛情いっぽん先生を竹中直人、うーやんを宅間が演じるほか、田畑智子橋本愛岡本麗嶋田久作麻生祐未平田満らが出演。

くちづけ」は、2013年春に全国で公開予定。

キミ犯人じゃないよね? DVD-BOX[DVD] キミ犯人じゃないよね? DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥20,520 アルバイトの推理屋と極度の恋愛体質の刑事の凸凹コンビが、難事件に挑むサスペンス・コメディ!推理小説家志望の森田さくらは、抜群の記憶力と「刑事コロンボ」のような推理力を持つ一風変わった女の子。お坊ちゃま新米刑事の宇田川教生と出会い、アルバイトの推理屋としてコンビを組むことになるが…。出演:貫地谷しほり
リーディングドラマ『もしもキミが。』[DVD] リーディングドラマ『もしもキミが。』[DVD] 最安価格: ¥6,418 2011年4月から、俳優座劇場にて行われた公演の模様を収録。男女一人ずつの出演者と音楽で織りなすリーディングドラマ。KENCHI(EXILE)×佐津川愛美、KEIJI(EXILE)×石橋杏奈、TETSUYA(EXILE)×木南晴夏のペアごとに収録した3枚組DVD。演出:堤幸彦

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 寄生獣の評論 寄生獣 哲学的モチーフ、ギリギリの衝撃映像、役者の力が後編への期待をあおる
  • フューリーの評論 フューリー ディテールにこだわった体感型戦争映画の新たな到達点
  • くるみ割り人形の評論 くるみ割り人形 35年もの歳月を遡及する増田セバスチャンとサンリオとの出逢い
映画評論の一覧を見る