英誌恒例「史上最高の映画」トップ250に最多7作品をランクインさせた監督は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月28日 > 英誌恒例「史上最高の映画」トップ250に最多7作品をランクインさせた監督は?
メニュー

英誌恒例「史上最高の映画」トップ250に最多7作品をランクインさせた監督は?

2012年8月28日 19:41

ロベール・ブレッソン監督「めまい(1958)」

ロベール・ブレッソン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英BFI発行の「サイト&サウンド」誌が、10年に1度実施する「史上最高の映画(Greatest Films of All Time)」アンケートの2012年版投票結果が先頃発表され、評論家選出の第1位にアルフレッド・ヒッチコック監督の「めまい」、映画監督選出の第1位に小津安二郎監督の「東京物語」が選ばれた。

846人の評論家が投票した映画はトップ250まで発表されているが、米The Playlistが監督別の作品数を調べてウェブサイトで公開している。

それによると、最多7作品をランクインさせたのは、フランスのロベール・ブレッソン監督。第16位の「バルタザールどこへ行く」を筆頭に、「スリ(1960)」「抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-」「少女ムシェット」「ラルジャン」「田舎司祭の日記」「たぶん悪魔が」が選出された。

続いて、マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガールイス・ブニュエル、ジャン=リュック・ゴダール、ハワード・ホークスがそれぞれ6作品をランクイン。最高の映画1位に輝いた「めまい」のヒッチコック監督は5作品、日本からは小津安二郎監督と溝口健二監督がそれぞれ4作品、黒澤明監督が3作品選ばれている。

なお詳細は、サイト&サウンド「The Greatest Films Poll」のオフィシャルサイトで確認できる(http://explore.bfi.org.uk/sightandsoundpolls/2012/)。

めまい[DVD] めまい[DVD] 最安価格: ¥927 アルフレッド・ヒッチコック監督が贈るミステリー作品。
東京物語[DVD] 東京物語[DVD] 最安価格: - 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督が贈る、戦後の変わってしまった家族の関係を描く傑作ドラマ作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi