ベン・アフレック監督最新作「アルゴ」、トロント国際映画祭でワールドプレミア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月22日 > ベン・アフレック監督最新作「アルゴ」、トロント国際映画祭でワールドプレミア
メニュー

ベン・アフレック監督最新作「アルゴ」、トロント国際映画祭でワールドプレミア

2012年8月22日 12:00

「アルゴ」でも才能を発揮する“監督”ベン・アフレック(右)「アルゴ」

「アルゴ」でも才能を発揮する“監督”ベン・アフレック(右)
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」で映画監督としての才能をいかんなく発揮したベン・アフレックの監督&主演最新作で、“CIAの人質救出作戦が、ウソの映画を製作することだった”という驚きの実話の映画化「アルゴ」が、9月7日(現地時間)に開幕するトロント国際映画祭で全世界にお披露目されることがわかった。

トロント国際映画祭でのワールドプレミア上映には、監督と主演を務めたベン・アフレックをはじめ、アラン・アーキンジョン・グッドマンブライアン・クランストンらキャストと製作陣がレッドカーペットに登場するほか、劇中でアフレックが演じた実在の元CIAエージェントであるトニー・メンデス氏の出席も予定されている。

アルゴ」は、1979年11月、イラン革命が激しさを増すテヘランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件を題材に、CIA救出作戦のエキスパート、トニー・メンデス(アフレック)による6人の大使館員救出の模様を描くサスペンス。18年もの間アメリカが最高機密として秘匿してきた救出作戦の内容が、“ウソの映画製作の企画をでっち上げ、6人の大使館員をロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立てて出国させる”ことだったという映画さながらの真実を、当時の様子そのままに描出することでも話題を集めている。

過去2作では、出演者をアカデミー賞ノミネートに送り出したアフレックだが、今作では自らがノミネートに名乗りを上げることがかなうのかに注目が集まる。過去にトロント国際映画祭で観客賞を受賞した「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデスや、「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル、「英国王のスピーチ」のトム・フーパーがアカデミー賞監督賞を受賞しているだけに、「アルゴ」の評価から目が離せない。

アルゴ」は、10月26日から全国公開。

ザ・タウン[DVD] ザ・タウン[DVD] 最安価格: ¥927 強盗多発地区ボストンのチャールズタウンで、強盗グループのリーダーに収まっている男がある女性と激しい恋に落ちたところから、仲間との狭間で揺れ動く様と追及の手を緩めないFBIとの攻防を描くクライムアクション!ベン・アフレックが監督・脚本・主演と一人3役こなした作品。
デアデビル[UMD Video] デアデビル[UMD Video] 最安価格: - 昼は盲目の弁護士だが、夜は悪を倒す正義のヒーロー“デアデビル”の活躍を描いたマーヴェル・コミックが原作のアクション作品。出演:ベン・アフレック

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi