オダギリジョー「舟を編む」で辞書編集部の“チャラ男”に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月18日 > オダギリジョー「舟を編む」で辞書編集部の“チャラ男”に
メニュー

オダギリジョー「舟を編む」で辞書編集部の“チャラ男”に

2012年8月18日 06:00

西岡正志役で「舟を編む」に出演するオダギリジョー「舟を編む」

西岡正志役で「舟を編む」に出演するオダギリジョー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優のオダギリジョーが、俊英・石井裕也監督の最新作「舟を編む」に出演することがわかった。三浦しをん氏の人気小説を映画化する今作で、オダギリは辞書編集部のイメージとは程遠い“チャラ男”に扮する。

松田龍平宮崎あおいが出演する今作は、ある出版社で変わり者たちの寄せ集まった編集部で繰り広げられる、辞書という“舟”を編集する(=編む)物語だ。23万語におよぶ言葉の“海”に奮闘する変人編集部員・馬締と同僚たちの姿、馬締が下宿の大家の孫娘に初めて感じた思いをなんとか言葉にし、伝えようとする、もどかしくもほほ笑ましいやり取りを描く。

オダギリが演じる西岡正志は辞書編集部に配属されたことに当初は違和感を覚えるが、「ダサい」など現代語の生きた語釈に活路を見出し、力を発揮するようになる。今回のオファーを受け、「台本を読ませていただいた時に“古き良き日本映画”の雰囲気を感じ、率直に良い本だなと感じた」という。そして「西岡は、『かすかな笑い』『静かな笑い』を担う役どころで、いろいろな演じ方ができる幅のある役だと思いますが、石井監督と相談しながら作っていっています」と意気込み、撮影に臨んでいる。

同作のプロデューサーは、「西島は調子の良い男だが、キーになる役。オダギリさんは重みも軽さも持ち合わせる、最上級の俳優。最初に仕事をしたのは『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』だったが、物語の中で自分の魅力をまっとうしつつ、周りを引き立てることができる人で、本来的な意味でうまい役者だと感じている」と全幅の信頼を寄せている。

舟を編む」は、2013年4月13日から全国で公開。

NHK大河ドラマ 新選組!スペシャル DVD-BOX[DVD] NHK大河ドラマ 新選組!スペシャル DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 豪華キャスト出演で話題になった2004年NHK大河ドラマ「新選組!」の総集編をパッケージ化。動乱の幕末を舞台に、「誠」の旗のもと日本を駆け抜けた、若き戦士達の青春を描く。出演:オダギリジョー
ガール・スパークス[DVD] ガール・スパークス[DVD] 最安価格: ¥3,292 「世界、ちょーむかつく」が口癖の反骨女子高生・冴子と、ネジ工場を経営しながら家で女装して火事をこなす父親の奇妙な関係を軸に描いた異色ドラマ。監督・脚本:石井裕也

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi