米バニティ・フェア誌選出「ファッショナブルな映画ベスト25」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月15日 > 米バニティ・フェア誌選出「ファッショナブルな映画ベスト25」
メニュー

米バニティ・フェア誌選出「ファッショナブルな映画ベスト25」

2012年8月15日 13:00

「華麗なるギャツビー(1974)」の一場面「アメリカン・ジゴロ」

「華麗なるギャツビー(1974)」の一場面
Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 毎年恒例のベストドレッサーリストでも知られる米バニティ・フェア誌が、「ファッショナブルな映画ベスト25」を発表した。

同編集部では今回のリストについて次のようにコメントしている。「その誕生のときから、衣装は映画の大きな魅力のひとつであった。俳優たちの身体的な弱点をうまく隠してくれる一方で、キャラクターの特徴を表現し、シーンに質感を加味する。また、最先端のファッションを一般の観客に紹介する役割も担ってきた。しかし、流行のファッションに彩られた映画が必ずしもファッショナブルなわけではない。それよりも、特定の時代や場所、階級、ムーブメントを喚起する映画が多くランクインしている」

また同誌は、とりわけオードリー・ヘプバーングレース・ケリーがファッションアイコンとみなされる理由について、両者ともにバレエの訓練を受けていたこと、ゆえに立ち姿や歩き方が美しいことが大きな要因であるとしている。

ファッショナブルな映画ベスト25は以下の通り(原題のアルファベット順)。

▽「アメリカン・ジゴロ」(80)
▽「アニー・ホール」(77)
▽「アナザー・カントリー」(84)
▽「新婚道中記」(37)
▽「昼顔」(67)
▽「大都会の女たち」(59)
▽「欲望(1966)」
▽「俺たちに明日はない」(67)
▽「ティファニーで朝食を」(61)
▽「フラッシュダンス」(83)
▽「パリの恋人」(57)
▽「ゴッドファーザー」(72)
▽「華麗なるギャツビー(1974)
▽「ハンドフル・オブ・ダスト」(88)
▽「甘い生活」(60)
▽「去年マリエンバートで」(61)
▽「モロッコ」(30)
▽「北北西に進路を取れ」(59)
▽「フィラデルフィア物語」(40)
▽「裏窓」(54)
▽「理由なき反抗」(55)
▽「麗しのサブリナ」(54)
▽「華麗なる賭け」(68)
▽「ウォール街」(87)
▽「ウィズネイルと僕」(87)

華麗なるギャツビー[DVD] 華麗なるギャツビー[DVD] 最安価格: ¥927 1920年代のアメリカの上流階級を舞台に、ある富豪の過去を通して非常な社会の現実を描いた作品。
ティファニーで朝食を[DVD] ティファニーで朝食を[DVD] 最安価格: ¥927 ニューヨークの一流宝石店「ティファニー」の前でクロワッサンを食べるのが好きな女と、彼女と同じアパートに引っ越してきた作家志望の男との恋を描いたラブストーリー作品。出演:オードリー・ヘプバーン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi