樹木希林、松坂桃李に辛口エール「花開くかは本人次第」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月13日 > 樹木希林、松坂桃李に辛口エール「花開くかは本人次第」
メニュー

樹木希林、松坂桃李に辛口エール「花開くかは本人次第」

2012年8月13日 13:30

「ツナグ」で初共演した樹木希林と松坂桃李「ツナグ」

「ツナグ」で初共演した樹木希林と松坂桃李
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 辻村深月氏のベストセラー小説を映画化した「ツナグ」の大ヒット祈願イベントが8月13日、東京・千代田区の神田明神で行われ、主演を務める俳優の松坂桃李と、共演する女優の樹木希林、メガホンをとる平川雄一朗監督が出席。3人は作品の完成を報告するとともに、神妙な面持ちでヒットへの誓いを立てた。

吉川英治文学新人賞を受賞した同名ベストセラーを原作に、大切な人を亡くした生者と死者、その二者をもう1度だけ再会させる仲介人“ツナグ”の姿を描く。松坂は主人公の高校生・歩美を演じ、樹木扮する祖母アイ子から“ツナグ”を引き継ぐ過程で、さまざまな葛藤(かっとう)と成長を初々しく体現する。

松坂にとっては初の単独主演作で「やっと完成しうれしい思い。ヒットするのも大事ですが、見てくれる皆さんの心に残る作品になれば」と安どの表情。一方の樹木は「神保町生まれなので、神田明神はなじみの場所。もしヒットしなければ、ご利益がないと言われてしまうので困る」と笑いを誘い、大人の余裕を見せた。

ふたりは“師弟関係”を演じ、初共演を果たしたが「安心と興奮を同時に与えてくれる方。とても刺激になったし、きっと次の仕事にも生かされるはず」(松坂)。樹木から「スターとして花開くかどうかは、本人の努力次第。拝んでいるだけじゃダメ」と辛口なエールを送られ、「精進します」と恐縮しきりだった。「もし死んだ人間と会えるとしたら?」と質問されると、松坂は「宮本武蔵に会ってみたい」。樹木は「会って文句を言いたい人もいるし、ゴメンって言わないといけない人もいる。結局両方とも会いたくないですね」と笑い飛ばした。

映画には松坂と樹木をはじめ、佐藤隆太桐谷美玲橋本愛大野いと遠藤憲一別所哲也本上まなみ浅田美代子八千草薫仲代達矢ら豪華キャストが顔をそろえる。

ツナグ」は10月6日から全国で公開。

わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,184 昭和39年、小説家の伊上洪作は、父が亡くなり母・八重の面倒を見ることになる。幼少期に母と離れて暮らしていたため距離を置いていた洪作だったが、妻や3人の娘、妹たちに支えられ、自身の幼いころの記憶と八重の思いに向き合うことに。八重は薄れゆく記憶の中で息子への愛を確かめ、洪作はそんな母を理解し、次第に受け入れられるようになっていく。出演:樹木希林
TORI MATSUZAKA 1st DVD トオリミチ[DVD] TORI MATSUZAKA 1st DVD トオリミチ[DVD] 最安価格: ¥2,847 シンケンレッド役の松坂桃李ファーストオリジナルDVD。2009年12月6日に開催のファンイベントの模様を中心に、シンケンジャーからの旅立ちをドキュメンタリータッチで描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi