秋吉久美子、介護の厳しい実態訴え「次はすぐ自分」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月11日 > 秋吉久美子、介護の厳しい実態訴え「次はすぐ自分」
メニュー

秋吉久美子、介護の厳しい実態訴え「次はすぐ自分」

2012年8月11日 15:53

舞台挨拶に立った秋吉久美子

舞台挨拶に立った秋吉久美子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 認知症の父とその娘の絆を描く「『わたし』の人生(みち) 我が命のタンゴ」が8月11日、都内の劇場で公開初日を迎え、主演の秋吉久美子をはじめ、共演の松原智恵子小倉久寛和田秀樹監督らが舞台挨拶に登壇した。

子育てを終えた百合子(秋吉)は、長年の夢だった大学教授への道を志しはじめるが、その矢先に父の修次郎(橋爪功)が認知症を患っていることが発覚する。介護に追われ家族はバラバラになっていくが、修次郎が治療の一環で習い始めたアルゼンチンタンゴを通じ、徐々に絆を取り戻していく。

介護に悩む主婦役を演じた秋吉は、「つらいつらい役。でも実は介護ってどこの家庭でも起こりうる話。多くの人が我慢して隠したりしている。撮影を終えて、私はなんて良い家族に囲まれていたのかなと思ったけど、それでもとてもつらくて苦しい」と胸中を吐露。そして、「他人事じゃない。次はすぐ自分。なるべく若者にも見せて、いざという時にうまく使ってサポートさせたい。陥れて(劇場に)連れてきて」と語りかけ、笑いを誘っていた。

松原は、若さを保つ秘けつを「あまり物事にこだわらないで、いつもゆったりとした気持ちでいることを心がけている。散歩やフィットネスに通ったり。今回もタンゴを習って楽しかった」とほほ笑んだ。医師役を演じた小倉も、「監督の化身だと思ってやらせてもらった。ひとりで抱え込まないで、介護だけじゃなくつらいことはみんなで分け合いたい」としみじみ語った。

和田監督は精神科医でもあり、「私なりに感じたことを映画にできたと思う。色んな意味で社会性もあるけれど、娯楽作品に仕上げたつもり。ラストには伝えたいことを思い切り詰め込んだ」と感無量の面持ちだった。

異人たちとの夏[DVD] 異人たちとの夏[DVD] 最安価格: ¥1,854 山田太一原作の名作小説を、大林宣彦監督、風間杜夫主演で見事に映画化した珠玉のファンタジー。出演:秋吉久美子
蝉しぐれ プレミアム・エディション[DVD] 蝉しぐれ プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,926 沢周平原作の同名小説を映画化。江戸時代を舞台に、とある下級武士の生き方を、日本の四季折々の美しい風景を織り交ぜながら描いた人間ドラマ。出演:小倉久寛

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi