AKB48大島優子、実印購入を明かす「大人の重みを感じる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月11日 > AKB48大島優子、実印購入を明かす「大人の重みを感じる」
メニュー

AKB48大島優子、実印購入を明かす「大人の重みを感じる」

2012年8月11日 16:55

実印購入を明かした大島優子「闇金ウシジマくん」

実印購入を明かした大島優子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 闇金融の世界をリアルに描いた映画「闇金ウシジマくん」の高校生限定ティーチイン試写会が8月11日、都内で行われ、主演の山田孝之とヒロイン役の大島優子が出席した。山田は「お金は自分が何かしたいこと、得たいものへの中間に位置するもの。最終目標にはしないでほしい」と会場に駆けつけた約100人の高校生にメッセージ。客席から「最近した一番大きな買い物は?」と聞かれ、「去年やっと車を初めて買いました」(山田)、「最近、実印を買いました。使うには大きな決断が必要だし、大人の重みを感じる」(大島)と明かした。

コミック累計600万部を誇る真鍋昌平の同名人気コミックを実写化したドラマの劇場版。違法な金利で金を貸し付ける闇金業者・丑嶋馨(山田)が債務者を非情に追い込み、裏社会で暗躍する姿を描く。大島が母親の借金を背負い出会い系カフェのバイトにのめりこむフリーターを演じるほか、林遣都崎本大海、やべきょうすけ、新井浩文ら個性豊かなキャストが顔をそろえる。

ある男子高生が「この夏人気者になりたいが、どうすればいいか」と質問すると、山田は「本当に人気者になりたいですか? 注目されると面倒くさいですよ」と“山田節”を全開。それでも「周りが見えないくらい何かに打ち込んで、面白い人になればいい。そうすれば自然と人気者になれる」とアドバイスした。

大島は過去に盲腸とのどの手術を受けた経験を「もうAKBとして活動していた時期なので、もし手術を受けてしまうと、自分の居場所がなくなってしまうと不安になった」と述懐。そして「ガムシャラに生きることの大切さを感じました。過激な作品ですが、皆さんにとって何かの道しるべになれば」と作品をアピールし、「やっぱり制服姿って、キラキラしていていいですね」と“リアル”な高校生たちの姿に目を輝かせた。試写会には山口雅俊監督も出席した。

闇金ウシジマくん」は、8月25日から全国で公開。

闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX[DVD] 闇金ウシジマくん ディレクターズカット版 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥9,521 真鍋昌平原作コミック「闇金ウシジマくん」をドラマ化。法定金利オーバー(10日5割)の金貸しを行う「闇金融業」を生業とし、情に流されることなく債務者たちから取り立てを行う丑嶋を通して、借金を重ね、やがて転落、追い込まれる債務者たちの恐怖や、お金の価値、お金の怖さ、人生の真理を描いた社会派作品。脚本:山口雅俊、出演:山田孝之
桜からの手紙~AKB48 それぞれの卒業物語~ DVD-BOX 豪華版[DVD] 桜からの手紙~AKB48 それぞれの卒業物語~ DVD-BOX 豪華版[DVD] 最安価格: ¥14,729 9夜連続スペシャルドラマ「桜からの手紙~AKB48 それぞれの卒業物語~」がDVD化!余命3ヶ月と宣告された恩師のために自分の人生を見直し、新しい自分になって納得できる卒業式を迎えたいと努力する女子高生たちのエピソードを、全17のショートストーリーでつないだ連作ドラマ。出演:大島優子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi