鈴木奈々、7×4=56の珍解答 “東大記憶”植えつけ失敗 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月7日 > 鈴木奈々、7×4=56の珍解答 “東大記憶”植えつけ失敗
メニュー

鈴木奈々、7×4=56の珍解答 “東大記憶”植えつけ失敗

2012年8月7日 19:37

珍回答を連発した鈴木奈々「トータル・リコール」

珍回答を連発した鈴木奈々
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米SFアクション映画「トータル・リコール」のジャパンプレミアが8月7日、都内で行われた。近未来を舞台に、客が望んだ“記憶”を販売する巨大企業・リコール社の陰謀を描く本作。リコール社の日本支社長に就任したタレントの高田純次と、「東京大学出身の記憶がほしい」と駆けつけたおバカタレント・鈴木奈々が出席し、劇中の記憶購入シーンが再現された。

特製の記憶購入チェアに腰かけ、大学合格から卒業、さらには新薬の開発といった東大卒らしい記憶を植えつけられた鈴木は「なんか頭が良くなった気がする」と早速その気だったが、「7×4=56」「窒素の元素記号? 窒(ち)素だからCですか?」と相変わらずの珍解答を連発し、“東大記憶”の植えつけは失敗に終わった。鈴木が「全然頭が良くなっていないじゃないですか!」と食ってかかると、高田は「物事をよく知っているのと、本当の頭の良さとは違いますから。鈴木さんはそのままの感性でいいと思う」とクレーム処理していた。

フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」を、「ダイ・ハード4.0」のレン・ワイズマン監督が映画化。富裕層と労働者層に分断され、リコール社が販売する“記憶”に人々が群がる世界で、労働者のダグ(コリン・ファレル)は「スパイになる」という長年の願望を実現しようとする。しかしその直前、身に覚えのない戦闘能力が覚せいし、それまでの記憶こそが植えつけられたものではないかと疑い始める。共演にケイト・ベッキンセールジェシカ・ビール

高田は「息もつかせぬアクションの連続。まあ本当に息をしないと死んじゃいますけどね。どう撮影したのかわからない、すごいシーンばっかりだし、相当お金がかかっている」とアピールし、「実は僕にも出演オファーがあったんですよ、自動車役だったけど」とテキトー発言。鈴木は「ずっとハラハラドキドキ。夏に最高の映画なので、地元の恋人とまた見たい」と目を輝かせた。

トータル・リコール」は8月10日から全国で公開。

ダイ・ハード4.0[DVD] ダイ・ハード4.0[DVD] 最安価格: - 大ヒットアクション・ムービー『ダイ・ハード』シリーズの第4弾!独立記念日の前夜。交通、通信、原子力、水道などのあらゆる全米のインフラを監視するシステムに何者かがハッキングを仕掛けてくる。その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補は、別れた妻と娘に会うためにニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。そこで入ったFBIからの無線連絡が不運の始まりだった…。監督:レン・ワイズマン
マイノリティ・リポート 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー...[Blu-ray/ブルーレイ] マイノリティ・リポート 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 政府はある画期的な方法で凶悪犯罪を防ぎ、大きな成果をあげていた。それは、予知能力者を利用し、犯罪が起こる前に犯人を逮捕するというものだった。しかし、ある日犯罪予防局のチーフ、ジョン・アンダートンが“36時間後に見ず知らずの他人を殺害する”と予告され、告発されてしまう…。出演:コリン・ファレル

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi