瀬々敬久プロデュース「石巻市立湊小学校避難所」が18日から公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月5日 > 瀬々敬久プロデュース「石巻市立湊小学校避難所」が18日から公開
メニュー

瀬々敬久プロデュース「石巻市立湊小学校避難所」が18日から公開

2012年8月5日 19:45

8月18日に公開される「石巻市立湊小学校避難所」「石巻市立湊小学校避難所」

8月18日に公開される「石巻市立湊小学校避難所」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ヘヴンズストーリー」「アントキノイノチ」などの瀬々敬久がプロデュース、藤川佳三が監督・撮影を手掛けヒューマン・ドキュメンタリー「石巻市立湊小学校避難所」(製作:スタンス・カンパニー+IN&OUT)が、8月18日から新宿K’s cinemaほか全国で順次公開される。

昨年3月11日、東日本大震災。宮城県第2の都市、石巻市の死者・行方不明者は3779人。ピーク時には5万人以上が避難所生活を余儀なくされた。4月21日、避難所のひとつとなった旧北上川に近い湊小学校を訪れた藤川監督が、一番驚いたのは避難所の底抜けに明るい様子。だが、何日か過ごしてわかったのは、笑顔の奥底に仕舞い込んだ悲しみの大きさだった。そして、ずっと一緒に過ごさないとわからないことがたくさんあるのではないだろうか―。本作は、それから避難所が閉鎖される10月11日までの6カ月あまり、そこに泊まり込み、避難者に寄り添いながらカメラを回した記録である。

被災者は何をもらってもありがとうと言わなければいけないのか。使い古した衣類が積まれた支援物資を前に、そんな言葉に胸を突かれ、初めて聞く当たり前の本音。テレビではカットされてしまいそうな日常の風景や本音が記録されている。避難所生活の悲しさ、悔しさ。それでも平常時には交錯しなかった人たちの新しい出会いは、予期せぬ「生きる力」を生む。「親類がいっぱいできた」と顔をくしゃくしゃにする70歳目前の独り暮らしだった愛ちゃん。家や家族を失くした人たちが、ここで大きな家族となった。(文化通信)

アントキノイノチ DVDスタンダード・エディション[DVD] アントキノイノチ DVDスタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,231 遺品整理業という仕事を通して出会った二人の命をテーマにした感動作!高校時代に友人を“殺した”ことがきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平。3年後、父の紹介で遺品整理業の現場で働き始めた杏平は、久保田ゆきと出逢う。命が失われた場所で共に過ごす中で、次第に心を通わせていく―。瀬々敬久プロデュース。
ネコと金魚の恋物語[DVD] ネコと金魚の恋物語[DVD] 最安価格: ¥2,079 ペットと人間のちょっぴり切ない物語を描いたPETBOXシリーズ。恋人の死のショックから、彼女の飼っていた金魚を飲み込んでしまった男。その後、芥川賞を受賞したのにうだつのあがらない無為な日々。ある日、アパートの屋上から猫と女が降って来た…。「ネコと金魚の恋物語」を収録。瀬々敬久監督作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi