黒田勇樹、新妻・中村瑠衣と初の2ショットを披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月4日 > 黒田勇樹、新妻・中村瑠衣と初の2ショットを披露
メニュー

黒田勇樹、新妻・中村瑠衣と初の2ショットを披露

2012年8月4日 16:45

初の2ショットを堂々と披露!「放課後ミッドナイターズ」

初の2ショットを堂々と披露!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元俳優で“ハイパーメディアフリーター”の黒田勇樹が8月4日、長編アニメ「放課後ミッドナイターズ」の宣伝部員として、人気子役・春名風花ちゃん、通称“はるかぜちゃん”を招いたトークイベントを都内で行った。歌手の中村瑠衣との入籍及び特撮映画「メンタルヒーローJ1」(仮)での監督デビューを発表後、初の公の場への登場となったが「1年半くらいお付き合いして、映画監督をやるって決まった時にこのまま曖昧な関係を続けているのはイカンと籍を入れた。(プロポーズは)『しょうがないから結婚しよ』って。俳優業に復帰する可能性はないと思うけど、きちんと“ジョブチェンジ”を成功させてから式を挙げたい」と満面の笑みを浮かべた。また、妻の中村も急きょ報道陣向けの囲み取材に参加し、「出会った頃はオーラがあったのに今は太ってただのおっさん。でも頭の回転が早くて、良いパパ」と仲睦まじい新婚生活をにこやかに語った。

真夜中の名門小学校を舞台に、短気で怖がりな人体模型キュンストレーキと子分・骨格標本ゴスが巻き起こす騒動を描くアニメーション。福岡を拠点に活動する鬼才映像作家・竹清仁の長編デビュー作で、キュンストレーキの声を山寺宏一、ゴスの声を田口浩正が担当する。

黒田は東京の映画館・新宿バルト9のポップコーン売り場でアルバイトをしていたが、本社出向となり今作の宣伝隊員となった。「奥さんと子どもと見てラストではホロっと泣きそうになった。くだらなくて大好き!」と大絶賛。物語の鍵を握るウサギのソニー役も演じており、「豪華声優陣の中でひとりアルバイト。オレの演技どうだった?」と恐る恐る天才子役・風花ちゃんに聞くと、「こないだドラマ『人間失格』を見たばかりで、声だけ聞いてみれば昔のまま。普通に良かったですよ」と合格点をもらい、ほっと安堵していた。

Twitterで10万人以上のフォロワー数を誇る風花ちゃんは、「うまくしゃべられないから書いている。誹謗(ひぼう)中傷を受けたときは紅茶を飲んで落ち着く。それにママが先に怒るので、怒りを吸い取られて怒れない」と大人顔負けの冷静さ。さらに、「『天下一品』を買収して老後は印税で暮らしたい」と不敵に笑った。そして突然、風花ちゃんから「奥さんってどういう人なんですか?」という質問が飛び出し、黒田は照れながらも「良いところばかりでひとつを取り立てて選べない。かわいいよ。映画も同じところで泣いていて、やっぱり好きだなって思った。そういうのないと結婚したり一緒にいられないよ」とノロケていた。

放課後ミッドナイターズ」は、8月25日から公開。

フレンズ もののけ島のナキ 通常版[DVD] フレンズ もののけ島のナキ 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,078 霧に隠された海の向こうには、不思議なもののけの棲む島があった―。もののけが住むとおそれられ、近づくことさえ禁じられた島に迷い込んだ人間の赤ん坊・コタケは、そこで不思議なもののけ・ナキたちと出会うのだが…。出演:山寺宏一
警視庁捜査一課9係 season3[DVD] 警視庁捜査一課9係 season3[DVD] 最安価格: ¥11,853 変わり者係長を中心に、一見バラバラだけどやるときはやる個性豊かな「9係」の6人の刑事たちが、それぞれの背景や事情を抱えつつもユニークな個性を発揮して難解に挑む!シーズン3全10話を収録。出演:田口浩正

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi