椎名誠&細川徹監督「ぱいかじ」コンビが“ほろ酔い”対談 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月4日 > 椎名誠&細川徹監督「ぱいかじ」コンビが“ほろ酔い”対談
メニュー

椎名誠&細川徹監督「ぱいかじ」コンビが“ほろ酔い”対談

2012年8月4日 16:00

ご機嫌の椎名誠と細川徹監督「ぱいかじ南海作戦」

ご機嫌の椎名誠と細川徹監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] “現代版ロビンソン・クルーソー”と評された椎名誠氏の人気小説を映画化した「ぱいかじ南海作戦」の公開記念トークショーが8月3日、東京・新宿バルト9で行われ、椎名氏とメガホンをとった細川徹監督が対談した。鑑賞後、ビールが飲みたくなると評判の本作。「さっきまで2時間ほど飲んでいた。今日はここに来たくなかった」(椎名氏)、「マイクだけは持ってください(笑)。楽屋でもお飲みになっていたので、僕もお付き合いで……」(細川監督)と早くも“できあがった”ふたりは、缶ビール片手に舌も滑らかだった。

仕事と家庭を同時に失い心機一転、南の島にたどり着いた中年男・佐々木(阿部サダヲ)が、彼を強じんなサバイバル生活者だと勘違いした都会育ちの若者たち(永山絢斗貫地谷しほり佐々木希)と共同生活しながら、自分に酒を飲ませ、全財産を奪ったホームレスたちに仕返しするヒューマンコメディ。コントユニット「男子はだまってなさいよ!」主宰を務める細川が、長編映画デビューを飾った。

椎名氏は「自分の小説が映画化される時は、特に口出ししない。嫁に出したようなものだから、好きにしてくれと(笑)。僕も何本か映画を撮っているから、監督の気持ちもわかるしね」。安どの表情を見せる細川監督は「小説が実写化されても、がっかりすることが多いから、緊張しましたね。原作ファンも読んでいない人も楽しめる作品にしたかった」と初メガホンを振り返った。

劇中に登場する“サバイバル生活者”の多くは、椎名氏が取材先で出会った実在の人物がモデルになっているといい「ある人が『僕は黄泉の国に行ったことがある』って言うから、どんな場所か聞いたら『お薬で行く国です』って」(椎名氏)。すっかり暴走するトークに、細川監督は「今日はマスコミも来ているんですから」とすっかり酔いがさめていた。

息子[DVD] 息子[DVD] 最安価格: - 妻に先立たれ、ひとりで岩手に暮らす父親と、定職につかずアルバイトで気ままに暮らす息子の二人を描いた家族ドラマ「息子」をパッケージ化。原作:椎名誠
しろくまカフェ cafe.1[DVD] しろくまカフェ cafe.1[DVD] 最安価格: ¥3,791 月刊「フラワーズ」にて連載の脱力系ほっこり漫画『しろくまカフェ』がアニメ化!クールなシロクマくんがマスターをしている“しろくまカフェ”を中心に、シロクマくんと常連さんたちが繰り広げるダジャレ&ほっこりスローライフ。シリーズ構成:細川徹

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi