「ペルセポリス」作者による初の実写映画 邦題&公開日決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月26日 > 「ペルセポリス」作者による初の実写映画 邦題&公開日決定!
メニュー

「ペルセポリス」作者による初の実写映画 邦題&公開日決定!

2012年7月26日 17:00

「チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」の一場面「ペルセポリス」

「チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」の一場面
(c) Copyright 2011Celluloid Dreams Productions
- TheManipulators – uFilm Studio 37 - Le Pacte
– Arte France Cinéma – ZDF/
Arte - Lorette Productions– Film(s)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故国イランでの生活を描いた自伝的コミック「ペルセポリス」を自ら映画化した仏在住のアーティスト、マルジャン・サトラピが再び自身のコミックを映画化した初の実写映画の邦題が「チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」に決定、11月10日に日本公開されることがわかった。

ペルセポリス」が2007年のカンヌ映画祭でアニメーション作品として30数年ぶりに審査員賞を受賞するという快挙を成し遂げたサトラピ。初の実写作品の原作として選んだのは05年のアングレーム国際漫画祭最優秀作品賞を受賞した「鶏のプラム煮」という作品で、1958年テヘランを舞台に、楽器を壊され絶望したバイオリン奏者が、死を決意した最後の8日間で人生と叶わなかった愛を振り返る物語。サトラピは「ペルセポリス」でタッグを組んだバンサン・パロノーとともにメガホンをとる。

潜水服は蝶の夢を見る」などで知られるマチュー・アマルリックが主人公の天才音楽家ナセル・アリを演じ、「ブルーベルベット」のイザベラ・ロッセリーニ、「そして僕は恋をする」「クリスマス・ストーリー」などアマルリックとの共演も多いキアラ・マストロヤンニら豪華女性キャストが共演。美しい色彩と映像で、ノスタルジックな愛の物語を描き出す。

チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢」は11月10日から全国順次公開。

ペルセポリス[DVD] ペルセポリス[DVD] 最安価格: ¥5,076 2007年カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品審査員賞受賞。1970~1990年代の混迷するイランを舞台に、主人公マルジの半生と3代に渡る母娘の愛情を涙と笑いを散りばめながら描いた感動作!監督:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー 、原作:マルジャン・サトラピ、脚本:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー
潜水服は蝶の夢を見る[DVD] 潜水服は蝶の夢を見る[DVD] 最安価格: ¥1,944 ある日突然、脳梗塞で倒れ左目だけしか動かせない体になってしまった「ELLE」誌の元編集長のジャン=ドミニク・ボビーが、左目の瞬きだけで綴った奇跡の自伝ベストセラー小説を、斬新なカメラアングル、夢のように美しい映像でジュリアン・シュナーベル監督が映画化。出演:マチュー・アマルリック

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi