あなたも映画の主役に!? 東芝&インテルがソーシャル・フィルム製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月25日 > あなたも映画の主役に!? 東芝&インテルがソーシャル・フィルム製作
メニュー

あなたも映画の主役に!? 東芝&インテルがソーシャル・フィルム製作

2012年7月25日 17:00

オーディションは7月25日よりFacebookページで開催!「スパイダーマン3」

オーディションは7月25日よりFacebookページで開催!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東芝とインテルが、「スパイダーマン3」のトファー・グレイスと「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」のメアリー・エリザベス・ウィンステッドを起用し、映画とソーシャル・メディアを連動させた“グローバル・ソーシャル・フィルム・プロジェクト”として、「The Beauty Inside」を共同で製作することが分かった。

“ソーシャル・フィルム”とは、全世界を対象にソーシャルメディア上で公開され、ユーザーがソーシャルネットワークを介して、登場するキャラクターと交流することができるインタラクティブなエンターテインメント。サンダンス映画祭ドラマ部門でグランプリ受賞歴を誇るドレイク・ドレマスがメガホンをとり、インテルが提唱するUltrabookの最新機種、東芝「dynabook R632」(劇中で使用されるのは海外展開モデル「Portege」)が劇中で重要なツールとして登場するほか、“ユーザーが参加する”というソーシャル・メディアの要素がストーリーやキャスティングに盛り込まれて製作される。

さらには、Facebookページ(https://www.facebook.com/thebeautyinsidefilm)を通じ、世界中のユーザーが主人公アレックス役へのオーディションに参加可能。映画コンテンツがインターネットを通じて世界に広がっていく様子を垣間見ることもできる。

全世界で同時展開する同プロジェクトを記念して、日本ではさらに独自キャンペーン「Ultrabookで“世界へ飛び出そう”」を実施。東京(7月28、29日)、大阪(8月4、5日)の2会場で「The beauty Inside」の世界観を演出した映画本編へのオーディションイベントを開催し、会場特設のFacebookアカウントを使ってすぐに審査対象となるビデオブログを投稿できるほか、「dynabook R632」の試用イベントも同時に行なわれる。さらに、商品の購入者を対象にしたプレゼントキャンペーンでは、JTB旅行券10万円分が抽選で30人にプレゼントされる予定だ(詳細は特設サイト「“The beauty Inside”スぺシャルWEBサイト」 http://dynabook.com/pc/filmに掲載)。

ソーシャル・フィルム「The Beauty Inside」は、毎日目覚めると完全に別の顔と体になってしまう主人公アレックスが、日々冒険とトラブルに見舞われながらも、恋を成就させていく姿を追う物語。8月16日からオンライン上で6週間にわたって本編が公開されるほか、劇中で記録するビデオブログも同時に公開されていく予定だ。

Blu-ray スパイダーマンTM トリロジーボックス[Blu-ray/ブルーレイ] Blu-ray スパイダーマンTM トリロジーボックス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,032 脅威的なアクションと魅力的なストーリーで世界的大ヒットを巻き起こした『スパイダーマン』3部作を収録したBlu-ray BOX。「スパイダーマンTM」「スパイダーマンTM2」「スパイダーマンTM3」の3作品を収録。出演:トファー・グレイス
スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団[DVD] スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団[DVD] 最安価格: ¥927 一目惚れの彼女をゲットしろ!噂のラブバトル・アクションムービー!ミステリアスな女の子、ラモーナに一目ぼれしたスコットは、7人いる彼女の元カレたちと闘うはめに…!はたしてスコットは7人の元カレ軍団全員を倒して、ラモーナのハートを射止めることができるのか?!出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi