小泉孝太郎、父・純一郎氏は「放任主義だった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月23日 > 小泉孝太郎、父・純一郎氏は「放任主義だった」
メニュー

小泉孝太郎、父・純一郎氏は「放任主義だった」

2012年7月23日 18:00

父との思い出を語った小泉孝太郎「瀬戸内海賊物語」

父との思い出を語った小泉孝太郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 瀬戸内海国立公園選定80周年を記念する映画「瀬戸内海賊物語」の製作発表会見が7月23日、都内で行われ、俳優の内藤剛志小泉孝太郎中村玉緒らが出席。同日、1027通の応募のなかからオーディションで選ばれたメインキャストの子役4人がお披露目された。

昨年8月、香川県で開催された「瀬戸内国際こども映画祭」で行われた「エンジェルロード脚本賞」のグランプリ作品を、受賞者である大森研一監督(「恐怖新聞」「ライトノベルの楽しい書き方」)が自ら映画化。村上水軍、塩飽水軍の子孫とその同級生たちが、埋蔵金探しに出かける冒険アドベンチャー。村上水軍の末えいを演じる柴田杏花ちゃんをはじめ、大前喬一くん、伊澤柾樹くん、葵わかなちゃんら人気子役が出演し、ヒロインの父親を演じる内藤、担任教師役の小泉、ヒロインの祖母役の中村らが脇を固める。

内藤は、「夏は子どもたちを少し大人にする不思議な季節。私自身、長編小説を読み終えたのも、女の子を真剣に好きになったのも夏だった」と本作の普遍性をアピール。小泉も、「まるで『スタンド・バイ・ミー』のような清涼感あふれる余韻にひたれる台本。教師役なので、子どもたちが楽しく撮影できるようサポートしたい」と抱負を語った。記者から、父・純一郎氏との“冒険エピソード”を問われると「うちは放任主義だったので、ひとりで遠くに出かけることが多かった。多少無茶をしても、笑って許してもらえたので感謝していますね」と振り返った。

中村演じる祖母は、携帯電話を自在に操る“現代的おばあちゃん”だといい「ふだんは(携帯電話は)まったくダメなので、まずはそこから練習しなければ。子役の皆さんがしっかりしているので、こちらが緊張してしまう。NGを出したらゴメンね」。実生活では孫はおらず、「こういう孫がいたらいいなと思う」と目を細めた。

大森監督は「村上水軍の埋蔵金や笛など、実際に見つかっているものや史実を盛り込んだ内容なので、大人にも楽しんもらえる作品にしたい」と意気込む。今年8月にクランクインし、2014年に開催予定の第2回「瀬戸内国際こども映画祭」での上映を目指す。

孝太郎が行く傑作選~孝太郎・雄輔の爆笑珍道中ふたり旅~[DVD] 孝太郎が行く傑作選~孝太郎・雄輔の爆笑珍道中ふたり旅~[DVD] 最安価格: ¥1,642 フジテレビ深夜放送、小泉孝太郎が上地雄輔とともに贈る人気番組がDVD化!プライベートでも仲のよい二人が街に繰り出して隠れた名所、話題のスポットを散策。道行く人やお店の人、地元の人々との触れ合いを大切に、癒やしと笑いを生みだしていく。出演:小泉孝太郎
恐怖新聞[DVD] 恐怖新聞[DVD] 最安価格: ¥3,142 人々を恐怖のどん底に陥れてきた、つのだじろう原作による伝説のホラーコミックを衝撃の映画化!1回の購読料は1年分の寿命!不吉な未来から逃れるには読むしかない…。監督・脚本:大森研一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi