海外人気沸騰中の「NARUTO」、公式サイトに世界90カ国から9600件の投稿 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月21日 > 海外人気沸騰中の「NARUTO」、公式サイトに世界90カ国から9600件の投稿
メニュー

海外人気沸騰中の「NARUTO」、公式サイトに世界90カ国から9600件の投稿

2012年7月21日 23:00

海外でも人気爆発なんだってばよ!「ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」

海外でも人気爆発なんだってばよ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気コミックを映画化した「ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」の公式サイトに、世界93カ国から約9600件におよぶ投稿があったことがわかった。7月5日から8日にかけて仏パリで開催された、日本のポップカルチャーを紹介する「JAPAN EXPO 2012」にあわせ、「NARUTO」公式サイトで、「『NARUTO』のどんなところが好きですか?」と質問を投げかけたところ、予想外の反響が押し寄せた格好だ。

寄せられたコメントは、「登場人物たちそれぞれに背景や物語があるので、読者それぞれ自分の好きなキャラクターを見つけられるのではないのかな」(25歳・男性・パキスタン)、「最初見たときは、イヤな奴だなあと思っても本当に邪悪な登場人物って少ないですよね。ナルトを見て人の第一印象なんてあてにならないって実感しました」(21歳・女性・コロンビア)、「ナルトのお父さんミナトが大好き。かっこいい」(12歳・男性・カナダ)、「初めのころは落ちこぼれでも、夢に向かって一途に頑張っているところが好きでしたが、今は仲間を大切にしているところにナルトの成長を感じています」(53歳・女性・日本)などさまざま。投稿者の平均年齢は18.7歳と若い層からの投稿が中心だが、なかには60歳という投稿者もおり、各国で幅広い世代からの支持を集めていることがわかる。

「NARUTO」は、主人公うずまきナルトが、2006年に「NEWS WEEK日本版」で「世界が尊敬する日本人100」にアニメキャラクターとしては唯一選出され、フランスやアメリカでは登場人物を模した忍者コスプレが流行するなど海外人気が高い。国内の販売部数が累計1億2000万部を突破しているコミックは、30カ国以上の国や地域で翻訳・発売。世界80カ国以上の国・地域で放映されてきたアニメーションは、日本の放送1時間以内に字幕付きで配信されている。

今回の「JAPAN EXPO 2012」では、ステージで開催されたゲームイベントに500人以上のファンが詰め掛けた。会場には高さ数メートルの巨大ナルトや巨大九尾が展示されていたほか、キャラクターのコスプレをしてファン同士で写真を撮りあうなど、盛り上がりを見せた。

ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」は、7月28日から全国で公開。

NARUTO-ナルト- 疾風伝 特別編 ~ナルト誕生~(完全生産限定版)[DVD] NARUTO-ナルト- 疾風伝 特別編 ~ナルト誕生~(完全生産限定版)[DVD] 最安価格: ¥3,592 少し大人になったナルトや木ノ葉の仲間たちと、S級犯罪者たちによる謎の組織「暁」の激闘を描く。TVアニメ「NARUTO疾風伝 ~スペシャル 父の決断 母の涙~ナルト出生の秘密~」として放送された第468話「四代目の死闘!!」、第469話「ありがとう」を収録した特別編。
NARUTO-ナルト- 疾風伝 師の予言と復讐の章 3[DVD] NARUTO-ナルト- 疾風伝 師の予言と復讐の章 3[DVD] 最安価格: ¥3,622 「週刊少年ジャンプ」にて連載、岸本斉史原作の人気テレビアニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』のDVDシリーズ!第343話「激突!」から第346話「黄昏」までを収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi