スーチー女史の激動の半生を映画化 リュック・ベッソン&ミシェル・ヨーに聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月20日 > スーチー女史の激動の半生を映画化 リュック・ベッソン&ミシェル・ヨーに聞く
メニュー

スーチー女史の激動の半生を映画化 リュック・ベッソン&ミシェル・ヨーに聞く

2012年7月20日 20:00

リュック・ベッソンとミシェル・ヨー「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」

リュック・ベッソンとミシェル・ヨー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リュック・ベッソン監督が、ビルマ(ミャンマー)の民主化運動指導者で、ノーベル平和賞受賞者であるアウンサンスーチー女史の激動の半生を映画化した「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」。主演を務めるマレーシア出身の女優ミシェル・ヨーが並々ならぬ努力で、スーチー女史の生きざまを見事に体現し、夫と家族の愛に支えられながら軍事政権と闘う姿を描いた本作は、ヨーとベッソン監督の情熱の結晶だ。

英国人女性作家が執筆した脚本にヨーがほれ込み、国際的に活躍するベッソン監督に映画化のアドバイスを求めたことが本作製作のきっかけだ。

「ベッソン監督にメガホンをとってもらえたらという気持ちはもちろんありましたが、今回の監督については、スケジュールが空いているからということではなく、自分と同じように愛情と情熱をもってこの作品をつくらなければいけないと感じてくださるような方が必要だったのです」と語るヨー。彼女の強い思いと女史の悲しい真実について書かれた脚本は、ベッソン監督の心を大きく揺さぶった。

ベッソン監督は涙を流し、自ら監督を務めることを申し出たという。「物語に心を揺さぶられたのです。女史についてそこまで知識があったわけではないので、彼女の真実の人生や悪夢に触れてしまったのです。政府の子どもと呼べる国民の1人である女史のことをここまで苦しめる軍事政権に非人間的なものを感じました」


画像2

(C)2011 EuropaCorp–Left Bank Pictures–France2 Cinema
[拡大画像]

ヨーは女史の外見のみならず志をも完璧に演じるために、女史の著書はもちろん愛読書まですべて読破。記録されていた映像から、しぐさや訛りを完璧に身に付け、ビルマ語も半年間かけて習得した。また軍事政権の暴力的な政策に反抗するハンストを行った女史に限りなく近づくため、もともとスリムなヨーではあるが、さらに10キロを落とすという過酷なダイエットにも挑戦した。

役作りに集中するあまり、役が体から抜けなくなることがあっても「殺人鬼じゃなくて良かったわ(笑)。いつも善の行動をとって、すごく思いやりがあって、優しい方なので、(役が抜けなくても)問題ではなかったの」と穏やかにほほ笑む。

同じアジアの一員として、日本人もこれからのミャンマー情勢に無関心ではいられない。今後この国はどう進んでいくべきか、そして我々は何ができるだろうか。

「女史もおっしゃるように、まず国内の問題を解決しなければならない。ある意味で後進的な部分がまだ多く、職や技能、教育レベルもまだまだこれから。それはすべて政府の問題であり、彼らが変わらなければ始まらないのです。そのためにはわれわれも(ミャンマー)政府に訴えるべき。民主化が一方方向に、逆戻りしないよう、そしてより良い国になる手助けをすべきだと思っています」とヨーは力強く訴えた。

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」は7月21日全国で公開。

レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション[DVD] レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: - リュック・ベッソン監督によるスタイリッシュ・アクション。家族を惨殺された12歳の少女マチルダは隣の部屋に住む殺し屋レオンに助けを求める。戸惑いながらもマチルダに救いの手を差し出すレオン。そこから2人の奇妙な共同生活がはじまった…。
グリーン・デスティニー コレクターズ・エディション[DVD] グリーン・デスティニー コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥909 神秘の名剣“グリーン・デスティニー”に魅せられた4人の男女の愛と死闘を描いた、チョウ・ユンファ主演で贈るアクション・ムービー。出演:ミシェル・ヨー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi