ジミー大西、被災地の子どもたちと巨大な絵を制作「一歩ずつ進んでいこう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月16日 > ジミー大西、被災地の子どもたちと巨大な絵を制作「一歩ずつ進んでいこう」
メニュー

ジミー大西、被災地の子どもたちと巨大な絵を制作「一歩ずつ進んでいこう」

2012年7月16日 16:15

被災地の子どもたちの巨大な絵 を制作した画家のジミー大西

被災地の子どもたちの巨大な絵
を制作した画家のジミー大西
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元お笑いタレントで画家のジミー大西が7月16日、東京のグッチ新宿で開催中の「ドリームワークス」展のワークショップに参加し、昨年の東日本大震災で被災した子どもたちと一緒に大きな絵画を制作した。「自然の宝石」と題された本作は同展で展示後、被災地に贈られる予定だ。

子どもたちと“山”をテーマに絵を制作したジミーは、「子どもたちは磨けばもっともっと宝石のように輝くし、カブトムシや星や太陽や、この絵には自然がいっぱい。真ん中には、一歩ずつ一歩ずつ進んでいこうというイメージで馬を描いた」とタイトルの由来を説明。完成した作品を見て、「いい出来。みんな元気いっぱいに描いてくれて僕もワクワクした。これからも子どもたちのエネルギーで絵を描いていこうと思う」と子どもたちと満面の笑みを浮かべた。

同展では、ジミーが同ブランドのために描きおろした作品のほか、約20点の代表作を展示。新宿通りに面した8メートルに及ぶウィンドウには、“大地の息吹”をテーマにアフリカの大地でキリンやシマウマたちが躍動するカラフルな巨大ディスプレイが展示されており、ジミーの「子どもたちに元気に、わくわくした気持ちになってもらえるように」という思いが込められている。

ジミーは、「絵を描いていて盛り上がるのは新しい発見ができたとき。最近新しい技法が浮かんできた。絵を描き始めて20年、こういう機会に恵まれてうれしい」と同展にかける思いを語った。そして、「僕は画家というほど大したもんじゃない。楽しんでやらせてもらっている」と謙虚に話し、芸人としての活動は「新しいギャグができたら笑かしたいけど。かれこれ15年はできてない」と今後も画家としての活躍が期待される。

ジミー大西「ドリーム ワークス」展は、グッチ新宿3Fイベントスペースで8月5日まで開催される。

3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~[DVD] 3.11 東日本大震災の真実 ~未曾有の災害に立ち向かった自衛官「戦い」の現場~[DVD] 最安価格: ¥3,201 3.11の地震直後に自衛隊・海上保安庁のヘリ・航空機・船艇は、どんなメディアよりも早く緊急発進をした。そんな彼らが撮影した数々の映像や自衛官・海上保安員らの緊迫した交信記録、震災の現場で陸海空自衛隊がどのように活動したのかを余すところなく収録したドキュメント。
東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…スイスの旅 プレミアム完全版[DVD] 東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…スイスの旅 プレミアム完全版[DVD] 最安価格: ¥2,382 日本テレビで放送された、東野幸治と岡村隆史が行く自由気ままなプライベート旅「東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…」のDVD第3シリーズ。ゲストにジミー大西を迎え、絶景・アルプスの麓でキャンプ祭。手作りソーセージ&チーズフォンデュ、テントでイザコザ、まさかのハプニング連続。スイスの大自然を前に珍道中を繰り広げるプライベート感満載の旅。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi