宮崎あおい、映画主題歌に感涙「本当にいとおしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月16日 > 宮崎あおい、映画主題歌に感涙「本当にいとおしい」
メニュー

宮崎あおい、映画主題歌に感涙「本当にいとおしい」

2012年7月16日 17:55

アン・サリーの主題歌を聞き思わず 涙ぐんだ宮崎あおい「おおかみこどもの雨と雪」

アン・サリーの主題歌を聞き思わず
涙ぐんだ宮崎あおい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の宮崎あおいが7月16日、都内で行われた主演アニメーション「おおかみこどもの雨と雪」の特別試写会に出席。上映終了後、歌手のアン・サリーが本作の主題歌「おかあさんの唄」を美しい歌声で生披露すると、思わず涙ぐみながら「試写を見た時からすてきな歌だなと思っていたので、生で聞けてうれしいですね。本当にいとおしいなって……」と感激しきり。舞台挨拶には宮崎をはじめ、細田守監督と音楽を手がける高木正勝が出席した。

細田監督の原案・脚本によるオリジナルストーリーで、“おおかみおとこ”と恋に落ちた大学生のヒロイン・花(宮崎)が、ふたりの間に生まれた“おおかみこども”の姉弟・雨と雪を女手ひとつで育て上げる13年間を描く。細田監督が主題歌の歌詞を手がけており、「歌詞を書いたのが監督だと知って、やっぱりすごいなって思いました」(宮崎)。細田監督は「歌詞ってほどのものじゃなく、“叩き台”を高木さんに送ったらすぐに曲を完成させてくれた」と主題歌の誕生秘話を明かした。

さらに細田監督は「お母さんを描いた映画なので、深く気持ちに届く曲が必要だと思った。世界中のお母さんを代表するような歌声って誰だろうと考えたら、すぐにアン・サリーさんが思い浮かんだ」と述懐。「試写を見ながら、自分で歌っているのを忘れて、たくさん涙が流れた」(アン・サリー)、「僕自身は男ですが、花さんのお母さんとしての立場になって作曲を進めた」(高木)と主題歌にこめた思いは格別だ。

そして宮崎は「お母さんって子どもの危険や悲しみを察知するアンテナがすごい。お母さんに産んでもらって、育ててもらって……。そんな当たり前の日常って、実際には奇跡のようなもの」と本作が描く“母性愛”に改めて感銘を受けていた。

おおかみこどもの雨と雪」は7月21日から全国で公開。

NHK大河ドラマ 篤姫-総集編- DVD-BOX[DVD] NHK大河ドラマ 篤姫-総集編- DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 激動の幕末、薩摩藩島津家の分家の娘から徳川13代将軍・家定の御台所となり、江戸城無血開城に大きな役割を果たした篤姫の波瀾万丈の一代記を描く、NHK大河ドラマ「篤姫」の総集編DVD-BOX。出演:宮崎あおい
時をかける少女【期間数量限定生産版】[Blu-ray/ブルーレイ] 時をかける少女【期間数量限定生産版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 第30回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、国内外における映画・アニメ賞など23冠を受賞!筒井康隆原作のファンタジーを、細田守監督がアニメ化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi