岸本加世子、橋田寿賀子役にビビる「下手に演じたらエラいこと…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月12日 > 岸本加世子、橋田寿賀子役にビビる「下手に演じたらエラいこと…」
メニュー

岸本加世子、橋田寿賀子役にビビる「下手に演じたらエラいこと…」

2012年7月12日 12:30

岸本加世子が橋田壽賀子役に挑戦

岸本加世子が橋田壽賀子役に挑戦
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TBS系で7月23日午後9時放送の橋田壽賀子ドラマスペシャル「妻が夫をおくるとき」の会見が7月11日、都内で行われた。脚本家・橋田氏が23年前の夫との死別を綴った自叙伝的作品。主人公・橋田壽賀子役を演じた女優・岸本加世子は「橋田ファンはいっぱいいるので、下手に演じたらエラいことになるなと思った」と冗談めかせた。

橋田氏が自身を演じる役者を岸本に決めた。夫の岩崎嘉一さんが生前、岸本と親交が深く「主人が(岸本を)本当にかわいがっていましたから」。対して岸本は「橋田先生がまだ元気に活躍されているなかで、どうしようかとプレッシャーで……」と“大役”にビビった日々を明かしながら、「岩崎のお父さんや橋田先生をよく知る方々が細かく指導をしてくださった。ヘタクソながらも演じきれた」と振り返った。

小道具や衣装までこだわり、岸本が63歳当時の橋田壽賀子になりきった。橋田氏は「まわりから(23年前の自分と岸本が)似ている、似ているといわれる。どこが似ているのかしらね」とニヤリ。岸本は、橋田氏と岩崎さんとの夫婦の絆を体感し「こんな素敵な夫婦関係なら、私も一回くらい結婚しとけばよかったかな」と独身の身をボヤき、笑いをとった。

「主人は亭主関白で夫婦生活は怒鳴られてばかりだった」という橋田氏。しかし愛は深く、こうしてドラマ化するつもりは当初まったくなかったという。昨年23回忌を終えたこともあり、荒井光明プロデューサーの熱烈なオファーに応えた。「自分のことはすごく書きにくかった。でも“実話に基づいたフィクション”にはしたくなかった」と言うとおり、人物、団体のほとんどが実名で登場する。橋田氏もまだ出来上がりを見ておらず「辛いけれど、オンエアをしっかり拝見させていただきます」と話していた。

岩崎嘉一役に大杉漣。ほか、中村梅雀小泉孝太郎薬師丸ひろ子神田正輝泉ピン子らが出演する。(映画.com×文化通信.com)

拝啓、父上様 DVD-BOX[DVD] 拝啓、父上様 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,221 東京の下町を舞台とした人情コメディドラマ!古き良き日本の伝統が残る花柳界・神楽坂。江戸情緒が今なお残るこの魅力的な街を舞台に、市井に生きる人々の日常の笑いや涙、人と人との絆を粋に描く。出演:岸本加世子
連続テレビ小説 おしん 総集編[DVD] 連続テレビ小説 おしん 総集編[DVD] 最安価格: ¥6,348 1983年~1984年NHKで放送された、橋田壽賀子脚本による戦前・戦中・戦後を力強く生きた女性の波乱の生涯を描く名作ドラマ「おしん」の総集編。出演:泉ピン子

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi