谷川俊太郎と小室等が少年時代を振り返り「鉄腕アトム」主題歌披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月9日 > 谷川俊太郎と小室等が少年時代を振り返り「鉄腕アトム」主題歌披露
メニュー

谷川俊太郎と小室等が少年時代を振り返り「鉄腕アトム」主題歌披露

2012年7月9日 14:00

トークイベントを行った谷川俊太郎(右)と小室等「オロ」

トークイベントを行った谷川俊太郎(右)と小室等
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6歳でチベットからインドへ亡命した少年を追った、岩佐寿弥監督のドキュメンタリー「オロ」の公開を記念し7月8日、詩人の谷川俊太郎氏とフォークシンガーの小室等によるトークイベントが東京・ユーロスペースで行われた。

幼くして母親と離れ、チベット亡命政府が運営する施設で勉学に励む少年オロの亡命の道程を振り返り、自力で生きる道を探す姿をとらえた本作に、谷川氏は「少年の存在の仕方が正直で誠実。珍しいくらい良い映画。質感、テクスチャーが良い」と絶賛。劇中アニメーションを用いたり、岩佐監督とオロとのやりとりを挿入する独自の作風についても触れ「チベット問題に非常によいコミットの仕方をしていて、中国では上映できないが、ドキュメンタリーとして正道を行っていると思う」と感想を述べた。

映画の主人公が少年ということにちなみ、この日のトークは“少年”がテーマ。岩佐監督が小学生の時に思いを寄せた初恋の教師に再会したエピソードから、ふたりがそれぞれの初恋を述懐。また谷川氏は、チベット難民キャンプのあるネパールのポカラで作ったという詩や少年を題材にした詩を朗読、小室は谷川氏の詩に曲を付けた数曲をアコースティックギターの弾き語りで披露した。

アニメ「鉄腕アトム」主題歌の作詞者としても知られる谷川氏。老いた少年アトムが、自分自身を見つめる詩「103歳になったアトム」を読むと、小室が谷川氏の息子で、ジャズミュージシャンの谷川賢作がアレンジした「鉄腕アトム」を歌い上げ、会場は大きな拍手に包まれた。

オロ」は渋谷・ユーロスペースで公開中。

詩人 谷川俊太郎[DVD] 詩人 谷川俊太郎[DVD] 最安価格: ¥3,292 60年以上に渡り日本語と向き合い、詩を作り続けてきた80歳の詩人・谷川俊太郎が自ら語る詩作と半生を、谷川賢作が奏でる音の世界で包み込んだドキュメンタリー。出演者:谷川俊太郎、音楽:谷川賢作
鉄腕アトム ベスト・セレクション ロボット編[DVD] 鉄腕アトム ベスト・セレクション ロボット編[DVD] 最安価格: ¥1,543 手塚治虫原作による名作SFテレビアニメ「鉄腕アトム」より、“ロボット”にちなんだ選りすぐりのエピソードを収めた作品。主題歌作詞:谷川俊太郎

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi