やなせたかし氏「ディズニーなんて甘い」と映画初日に上機嫌 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月7日 > やなせたかし氏「ディズニーなんて甘い」と映画初日に上機嫌
メニュー

やなせたかし氏「ディズニーなんて甘い」と映画初日に上機嫌

2012年7月7日 14:15

舞台挨拶に立ったやなせたかし氏、木村佳乃ら「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」

舞台挨拶に立ったやなせたかし氏、木村佳乃ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] やなせたかし原作の国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版第24作「それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島」が7月7日、全国135スクリーンで封切られ、やなせ氏をはじめ、バナナ島の女王バンナを演じる女優の木村佳乃、島の住民スッテンとコロリンの声を務めた「バナナマン」の設楽統日村勇紀らが東京・シネ・リーブル池袋で初日舞台挨拶に立った。

やなせ氏は舞台挨拶で恒例となった“自己紹介ソング”をこの日も熱唱し、「作詞もキャラクターもおれがやっている。こういう作家は世界にいないし、ディズニーなんて甘いんだよな」と上機嫌。七夕の願いを聞かれると「まもなく死ぬんで、もう2年生かしてほしい。そうしたら来年は25周年の映画を作れる。これで心置きなくこの世を去れる」と発言とは裏腹に、現在93歳とは思えない“パワー”を見せつけた。

さらに「今日ここに来ているマスコミは、どうせ子どもの映画だと思ってバカにしてると思いますが、違います。10年経てばわかる。物語、キャラクター、音楽。どれもいいんですよ」と熱弁。設楽が「僕らにバナナの役をやらせる先生は粋だなと思う」と挨拶すると、「真面目なこと、言ってんなあ」と毒舌も全開で、会場を大いに盛り上げた。

映画は“復興”をテーマに、寒さで変わり果ててしまったバナナ島を救おうと、アンパンマンと仲間たちが立ち上がる。木村は「アンパンマンが大好きな子どもたちの顔を思い浮かべながら、楽しく演じました」と目を細め、「世界中の子どもたちが幸せになりますように」と七夕の願い。やなせ氏は「子どもは元気で楽しく健康に生きるのが一番! この映画を見れば、自然といい子に育つはず」と最後まで元気100倍だった。

それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星[DVD] それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星[DVD] 最安価格: ¥2,309 宇宙のヘンテ星からやってきたココリンは、星の危機を救うためジャムおじさんにパン作りを習うが、“まごころをこめて作る”という意味が分からない…。「それいけ!アンパンマン」の劇場版第23作。原作:やなせたかし
それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌[DVD] それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌[DVD] 最安価格: ¥2,327 嵐の夜に暗闇の森に飛ばされ、闇の女王ブラックノーズに育てられたヒナ鳥の化身カーナは、ある日、ブラックノーズの命令でアンパンマンワールドにやってきて“暗やみの笛”を吹いて人々から幸せな気持ちを奪ってしまう。劇場版第22作。原作:やなせたかし

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi