矢野顕子&パット・メセニーの名曲、柴咲×真木×寺島主演作の劇中歌に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月6日 > 矢野顕子&パット・メセニーの名曲、柴咲×真木×寺島主演作の劇中歌に
メニュー

矢野顕子&パット・メセニーの名曲、柴咲×真木×寺島主演作の劇中歌に

2012年7月6日 07:00

矢野顕子とパット・メセニーの共作が劇中歌に「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」

矢野顕子とパット・メセニーの共作が劇中歌に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手の矢野顕子とジャズ・ギタリストのパット・メセニーの共作「PRAYER」が、柴咲コウ真木よう子寺島しのぶの主演作「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の劇中歌として使用されることが決まった。

「PRAYER」は、1992年に公開された矢野の音楽ドキュメンタリー映画「スーパーフォークソング ピアノが愛した女」に収録されている。メセニーが作曲、矢野が作詞を手がけており、今作の映像を見た矢野が改めてレコーディングを敢行。オリジナル曲は矢野の歌唱とピアノのみの構成だが、新たにパーカッションが加わった。

本編では、主人公のすーちゃん(柴咲)が、友人のまいちゃん(真木)からもらったCDに耳を傾け、ひとりで東京の夜のヘリクルージングへと飛び立つクライマックスシーンで登場する。誰もが感じる孤独と向き合いつつ癒し、浄化してくれるシーンで、楽曲と見事に融合している。

矢野は、「『PRAYER』はいつでも歌いたい曲です。本当にいい曲で、曲は私のものではないけれど、パット・メセニーが私のために書いてくれたので。詩は曲が先にあって、その曲に乗せたものではありますけれども、やはり彼のために書いているところもあります。あの曲を歌うと、なんか時の空気とかちょっと思い出しますね」とコメントを寄せている。

30代の女性の日常と恋愛や結婚、仕事などに揺れる姿を描いた益田ミリ氏の人気コミック「すーちゃん」シリーズ(幻冬舎文庫)の映画化。益田氏の作品としては初の映像化となる今作は、都会に住むすーちゃん、まいちゃん、さわ子さん(寺島)が、迷いながらも必死に毎日を生きる姿を描き、同時代を生きる女性たちの背中をそっと押すような作品だ。

すーちゃん まいちゃん さわ子さん」は、2013年春に全国で公開。

監督失格[DVD] 監督失格[DVD] 最安価格: ¥4,010 何故、ここにカメラがあるのか?庵野秀明、実写初プロデュース作品。音楽:矢野顕子
オレンジデイズ DVD-BOX[DVD] オレンジデイズ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,623 大学に通う普通の青年と、4年前に病気で聴覚を失い心を閉ざしてしまった少女の恋愛を描いた青春ドラマ。妻夫木聡、柴崎コウほか出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi