“建てない”建築家坂口恭平のドキュメンタリー公開 新政府総理としての抱負も語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月1日 > “建てない”建築家坂口恭平のドキュメンタリー公開 新政府総理としての抱負も語る
メニュー

“建てない”建築家坂口恭平のドキュメンタリー公開 新政府総理としての抱負も語る

2012年7月1日 12:00

“建てない”建築家坂口恭平「モバイルハウスのつくりかた」

“建てない”建築家坂口恭平
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「TOKYO 0円ハウス 0円生活」「独立国家のつくりかた」などの著作で知られる異色の建築家・坂口恭平氏のドキュメンタリー「モバイルハウスのつくりかた」の初日舞台挨拶が6月30日渋谷ユーロスペースであり、坂口氏と本田孝義監督が登壇した。

2010年11月に、ホームセンターで購入できる材料で、移動可能な車輪つきの小さな家「モバイルハウス」の製作に着手した坂口氏が、多摩川の河川敷で長年生活し「多摩川のロビンソンクルーソー」と呼ばれる路上生活者からアドバイスを受ける姿などを映し、現代のライフスタイルに疑問を投げかける。

建てない建築家とも呼ばれる坂口氏は「僕が好きなのはフランク・ロイド・ライトの“建築家というのは建てる人のことを呼ぶのではなく、建築のことを考える人のことを建築家と言うのである”という言葉」と巨匠の言葉を紹介する。これまでの写真やインスタレーションといった作品は海外でも発表するなど常に世界を視野に入れて活動しており、本作にも英語字幕を付け、現在ドイツでの上映が決定しているという。

また、坂口氏は建築についての作品発表や文筆業のほか、震災避難民受け入れコミュニティ「ゼロセンター」を故郷の熊本で立ち上げ、新しい生き方を模索していく“新政府”を設立、初代内閣総理大臣に就任した。「みなさんストライキやったことありますか? 僕はそれをやっているんです。革命を起こすということは特別なミラクルなことではない」と断言。そして「江戸時代は一揆が起きないよう徳政令みたいなことをやってるんです。僕たちはそういうことを日本銀行に対してやらなきゃいけないんです。1000兆円の借金をチャラにしたい。怒る人はいないと思うんですけど」と、立ち見も出るほどの客席に向け、抱負を熱く語った。

本田監督は「僕自身も何十年もローンを背負って家を持たなきゃいけなかったり、なんで若い人が家を持てない世の中になっているんだろうと危機感を持っていた」と話し、坂口氏の著書に共感して映画化のオファーをしたという。「坂口さんの新政府の活動もモバイルハウスを作ってきたことがステップになっていると思うので、是非見ていただきたい」と作品をアピールした。

モバイルハウスのつくりかた」は渋谷ユーロスペースで公開中。7月7日、14日の本編上映前には、坂口氏の幻の監督作「多摩川文明」を上映する。

Frank Lloyd Wright~巨匠建築家 フランク・ロイド・ライト~[DVD] Frank Lloyd Wright~巨匠建築家 フランク・ロイド・ライト~[DVD] 最安価格: - 1860年代から1950年代まで活躍したアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトの素顔や仕事への信念などを鮮明に映し出したドキュメンタリー作品。
偉大なるオブセッション:フランク・ロイド・ライト/建築と日本[DVD] 偉大なるオブセッション:フランク・ロイド・ライト/建築と日本[DVD] 最安価格: ¥3,926 20世紀の偉大なアメリカ人建築家、フランク・ロイド・ライトの魅力に迫るドキュメンタリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi