人気モデルの田中美保、映画初出演で運動不足を痛感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月29日 > 人気モデルの田中美保、映画初出演で運動不足を痛感
メニュー

人気モデルの田中美保、映画初出演で運動不足を痛感

2012年6月29日 20:00

映画初出演を果たした田中美保「RUN60」

映画初出演を果たした田中美保
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気モデルの田中美保が6月29日、都内で行われた出演作「RUN60 GAME OVER」のプレミアム前夜祭イベントに出席。田中にとっては、初めての出演映画で「大きなスクリーンに自分が映るのは少し恥ずかしい気持ち。最後までハラハラ楽しめる作品」とアピールした。映画「RUN60」(2011)、同名TVドラマを経てのシリーズ最新作。イベントには田中をはじめ、桐山漣柄本佑、「CROSS GENE」のTAKUYA森田涼花木村了、John-Hoon、田崎アヤカ嶋田久作園田俊郎監督が出席した。

闇の組織“RUN”と、彼らによってゲームの駒として走ることを余儀なくされた若者たち“RUNNER”が繰り広げる攻防をスリリングに描く。映画は殺人の指名手配犯である若者ふたりが都内を縦横無尽に走り続け、その足跡で原因不明の爆発が起こるという不可思議な事件が題材。警視庁捜査員の祥司(柄本)、科警研の研究員・和仁(木村)らが事件を追う中、自らもゲームに巻き込まれる。

柄本は「疾走感あふれる作品で、ドラマとは違ったラストになっている。朝から翌日の朝まで走りっぱなしで、とにかく撮影は大変だった」と述懐。木村はネット犯罪に造詣が深いという設定で「走らずに済んで良かった」と胸をなで下ろす。祥司の恋人で、ゲームへの参加を強いられるヒロインを演じた田中は「まさかあんなに走るとは……。久しぶりの全力疾走で『もっと運動しなきゃな』って思いました」と運動不足を痛感していた。

前作「RUN60」の主演を務めた桐山は、この日のイベントに特別参加し「こんな豪華なキャストがそろって、いつの間にかアウェイな気分(笑)」。それでも「この作品が進化し、育っていく姿を見ることができてうれしい」と“初代RUNNER”として誇らしげ。園田監督も「深夜ドラマが映画化されるのは、ほぼないことなので本当にうれしい。映画では“RUN”の謎がついに明かされます」と自信のアピールだった。

RUN60 GAME OVER」は6月30日から全国で公開。

0号室の客 DVD-BOX 1[DVD] 0号室の客 DVD-BOX 1[DVD] 最安価格: ¥6,775 嵐の大野智らジャニーズの人気タレントたちが、とあるホテルに宿泊する訳ありの人物を演じたドラマシリーズ第1シーズンのBOX。出演:田中美保
仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ ディレクターズカット版[DVD] 仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ ディレクターズカット版[DVD] 最安価格: ¥4,155 仮面ライダーW(ダブル)が最凶のライダー・エターナルと相まみえる『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』のディレクターズカット版。出演:桐山漣

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi