竹中直人が“映画愛”を語り尽くす番組「映画好きで何が悪い!」第2弾放送決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月23日 > 竹中直人が“映画愛”を語り尽くす番組「映画好きで何が悪い!」第2弾放送決定
メニュー

竹中直人が“映画愛”を語り尽くす番組「映画好きで何が悪い!」第2弾放送決定

2012年6月23日 10:00

田中要次、井口昇監督、入江悠監督と “映画愛”を語り尽くした竹中直人「L.A.大捜査線 狼たちの街」

田中要次、井口昇監督、入江悠監督と
“映画愛”を語り尽くした竹中直人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の竹中直人が6月13日、CS映画チャンネル・ムービープラスの情報番組「竹中直人の“映画好きで何が悪い!”vol.2」を都内のバーで収録。ゲストに俳優の田中要次井口昇監督、入江悠監督を迎え、ホラー映画をテーマにその魅力を存分に語り尽くした。

映画通の竹中が、気が置けない仲間たちと映画について熱く語るフリートーク番組。昨年4月の放送が好評を受け、第2弾が実現した。映画好きが集まるバーを舞台に、無類の映画好きたちが映画話に花を咲かせるという設定だ。

番組のレギュラー化を切望していたという竹中は、「好きな方々と映画の話ができるというのは贅沢な時間でした。もっともっと話したかったくらい」と満足げ。竹中のラブコールで集まったメンバーとは、「またいつか一緒に映画を作りたい。『L.A.大捜査線/狼たちの街』とか『フレンチ・コネクション』みたいなおじさんの刑事モノとか。僕が日本版ジーン・ハックマンになればオッケー(笑)。オッサンが主人公のメジャーな作品がもっとあってもいいんじゃないかって盛り上がりました」。入江監督とはWOWOWのドラマ「同期」で知り合い、「『サイタマノラッパー』が大好きだったので、一緒に仕事ができるというのは夢のようだった。またこうして話せて楽しかった」と再会を喜んだ。

竹中にとって、ホラー映画とは「心の安らぎ。本能的に怖いものが好きなんだと思う。それはいくつになっても変わらず、お化け屋敷に入る感覚に似ていて、とても特別な魅力がある」と語る。トークは弾み、「ジュリア・ロバーツみたいに明るい女優よりも、どこか屈折していて影のある女優が好き。どんな役でもこなせちゃうキャリー・マリガンミシェル・ウィリアムズエレン・ペイジ、クロエ・モレッツとか、どこかダークな雰囲気をもった女優に惹かれますね」と女優論にまで及んだ。

ムービープラスでは新旧名作を、「毎月1日はLOVE Moviesの日」として、毎月1日に放送中。竹中は、セレクトされた作品の放送直前に、視聴者の作品に対する想いを紹介するコーナーにナレーターとして出演している。シネフィルとして知られる竹中は、自身がセレクトするならば「埋もれている名画を紹介していきたい。ロバート・アルドリッチの遺作『カリフォルニア・ドールズ』や、ロマン・ポランスキーの『テナント 恐怖を借りた男』なんかを紹介していきたいですね」と期待をふくらませた。

竹中直人の“映画好きで何が悪い!”vol.2」は、ムービープラスで7月1日午後1時より放送開始。午後1時半からは、「毎月1日はLOVE Moviesの日」のセレクト作品「13日の金曜日」を放送する。

フレンチ・コネクション[DVD] フレンチ・コネクション[DVD] 最安価格: - フランスとアメリカを結ぶ麻薬密輸ルート、“フレンチ・コネクション”。ニューヨーク市警の敏腕刑事ドイル刑事と、相棒ラソー刑事が3200万ドルのヘロインをめぐって、国際麻薬シンジケートの黒幕を追い詰める。出演:ジーン・ハックマン
同期[DVD] 同期[DVD] 最安価格: ¥4,845 理由もなく懲戒免職となり殺人事件の容疑者として名前が挙がった同期の男を助けるため、その行方を追い立ちはだかる警察組織の壁にぶつかりながら真実を追求していく若手刑事を描いた本格派警察ドラマ。監督:入江悠

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi