過疎の町の葉っぱビジネスを映画化「人生、いろどり」予告編&ポスター公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月19日 > 過疎の町の葉っぱビジネスを映画化「人生、いろどり」予告編&ポスター公開
メニュー

過疎の町の葉っぱビジネスを映画化「人生、いろどり」予告編&ポスター公開

2012年6月19日 16:00

「人生、いろどり」ポスター画像「人生、いろどり」

「人生、いろどり」ポスター画像
(c)2012「人生、いろどり」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高齢化と過疎化が進む徳島県・上勝町で、平均年齢70歳の女性が中心となり、葉っぱや道端の草を料理のつまものとして販売、売上高2億6000万円をあげるビジネスとして成功させた実話を映画化した「人生、いろどり」の予告編とポスターが公開された。

舞台は人口約2000人、高齢者が48%を占める四国で一番小さな町・上勝町。ミカン産業が全滅した町の活気を盛り返そうと、農協職員の江田が葉っぱをつまものとして販売することを企画。周囲から冷ややかな目で見られる江田だったが、3人の女性がともに立ち上がる。吉行和子が、夫の猛反対にあいながらも、初めて自分の意志を貫く女性・薫を、富司純子中尾ミエが薫とともに仕事を始める幼なじみの友人を演じる。それぞれ悩みを抱えながらも生きがいを見出し、友情や家族に見守られながら輝く女性たちの姿を描く。

予告編では、薫たちが希望を持って葉っぱビジネスに着手するシーンから始まり、その後ビニールハウスの火事やそれぞれの家庭内の事情、意見の食い違いなど紆余曲折を経ながらも、自分たちの手で築き上げた成功を喜ぶ姿が、原由子が担当した主題歌「ヘヴン」に乗せ映し出される。また、ポスターは美しい紅葉をバックに、葉っぱを収穫する3人の女性の生き生きとした表情が印象的な仕上がりとなっている。

人生、いろどり」は2012年秋全国公開。なお、本作の舞台となった徳島県では、2つの劇場で9月1日から先行上映される。

ブラックボード[DVD] ブラックボード[DVD] 最安価格: ¥5,076 社会問題となっている“いじめ”を新藤監督が真正面から取り上げ、ドラマの合間に評論家の言葉を挿入するという手法をとりながら問題提起した異色作。出演:吉行和子
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い[DVD] 柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い[DVD] 最安価格: ¥8,142 2007年4月、NHK総合テレビにて放送、柳生十兵衛七番勝負シリーズの完結編。出演:富司純子

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi