ウッディ・アレン監督、故ダイアナ妃の起用考えていた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月19日 > ウッディ・アレン監督、故ダイアナ妃の起用考えていた
メニュー

ウッディ・アレン監督、故ダイアナ妃の起用考えていた

2012年6月19日 11:45

36歳の若さで急逝したダイアナ妃

36歳の若さで急逝したダイアナ妃
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウッディ・アレン監督が、イタリアで撮影した最新作「To Rome with Love(原題)」のプロモーション中に、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューに答え、過去のキャスティング秘話を明かした。

アレン監督といえば、俳優がその作品に出演したいと熱望する監督のひとり。キャスティングに困ることはないだろうし、実際、フィルモグラフィのほとんどがオールスターキャスト映画だ。しかし同監督は、その役に合ってさえいれば、俳優であろうがなかろうが、どんな人物にでもオファーするつもりがあると話す。

それは世間的に問題児とされている人物でも同じで、過去には、94年のリレハンメル五輪直前の「ナンシー・ケリガン襲撃事件」で罪に問われた、元フィギュアスケート選手のトーニャ・ハーディングにオファーをしたことがあるという。しかし、当時はハーディングがまだ執行猶予期間中で、撮影のために州外に出ることができず、実現しなかったそうだ。過去のどの作品でどの役どころかについては明かしていないが、「ああいう女性」の役だったという。

さらに、こちらはオファーにはいたらなかったが、故ダイアナ妃をキャスティングしたいと真剣に考えたこともあったそうだ。

「To Rome With Love(原題)」は、アレック・ボールドウィンペネロペ・クルスジェシー・アイゼンバーグエレン・ペイジロベルト・ベニーニジュディ・デイビスグレタ・ガーウィグ、そしてアレン監督本人も久しぶりに出演するコメディ。6月22日から全米公開される。

誘惑のアフロディーテ-デジタル・レストア・バージョン-[DVD] 誘惑のアフロディーテ-デジタル・レストア・バージョン-[DVD] 最安価格: ¥1,071 元妻やガールフレンド、友人たちの私生活を赤裸々に描いた小説でベストセラー作家となったハリーが窮地に陥って…。監督:ウッディ・アレン
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - キャプテン・ジャック・スパロウの冒険を描く「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ4作目!出演:ペネロペ・クルス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi