平愛梨、同い年の俊英監督にイラッ 舞台挨拶で和解 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月16日 > 平愛梨、同い年の俊英監督にイラッ 舞台挨拶で和解
メニュー

平愛梨、同い年の俊英監督にイラッ 舞台挨拶で和解

2012年6月16日 16:07

草野監督との撮影中エピソードを語る平愛梨「からっぽ」

草野監督との撮影中エピソードを語る平愛梨
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 群馬・桐生を舞台にしたご当地映画「からっぽ」の初日舞台挨拶が6月16日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、主演を務めた清水尚弥、ヒロイン役の平愛梨大杉漣草野翔吾監督らが登壇した。

テレポートの能力をもった存在感の薄い高校生・加藤小判(清水)が、帰る家のない女性シーナ(平)と出会い、奇妙な共同生活を始める。清水扮する主人公は、テレポートした先で一糸まとわぬ姿になってしまうという設定で「台本を読んで正直どうしようと思ったが、初日の最初のシーンで“すっぽんぽん”になったので、その後は思い切りがついて良かったです」と振り返った。

一方、劇中で作品のイメージに合わせたショートカットを披露した平は「監督には、頭に来ることもあった」と不満爆発。「ふだんは謙虚で気づかいをしてくださるが、いざ本番になるとこだわりが強くって。私が銭湯から出てくる小判を待ってイライラするシーンを、なかなか撮ってくれなかった」と語った。当の草野監督は「イライラさせるための演出だった」と認め、平も「私のために、あえてそうしてくれたので感謝している」と“和解”した。

草野監督は桐生市出身で、平と同じ27歳。早稲田大学社会科学部在学中からNHK-BSの特番ドラマの監督を務めた。大杉は、草野監督が学生時代に手がけた「Mogera Wogura」(2009)にも出演しており「当時から映画に対してまっすぐな目線をもっていた。それにとてもヤンチャな人。今回もその姿勢を見失わず、2作目が完成し良かったなと思う。まるで父親みたいになっていますが(笑)」と目を細めていた。舞台挨拶には宮下順子山本浩司向清太朗が同席した。

Mogera Wogura[DVD] Mogera Wogura[DVD] 最安価格: ¥2,426 モグラのように深い穴を掘り進み、懸命に生きる人たちの姿を描いたドラマ。監督: 草野翔吾、出演:大杉漣
平愛梨 あいりんく[DVD] 平愛梨 あいりんく[DVD] 最安価格: ¥2,672 映画、ドラマ出演等で活躍する平愛梨の魅力が詰まったイメージ映像作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi