三宅裕司、ヘルニア乗り越え1年ぶりに舞台復帰「腰はもう全然痛くない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月14日 > 三宅裕司、ヘルニア乗り越え1年ぶりに舞台復帰「腰はもう全然痛くない」
メニュー

三宅裕司、ヘルニア乗り越え1年ぶりに舞台復帰「腰はもう全然痛くない」

2012年6月14日 22:30

1年ぶりに舞台復帰した三宅裕司

1年ぶりに舞台復帰した三宅裕司
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 椎間板ヘルニアの治療のため、芸能活動を休止していた三宅裕司が6月14日、構成・演出・出演を兼ねる復帰公演「落語日本花吹雪~出囃子は殺しのブルース~」の公開舞台稽古を都内で行った。ブランクを感じさせない軽快な立ち振る舞いを披露し、「腰はもう全然痛くない。舞台を見ていただければどれだけ動けるか分かると思う」と自信をのぞかせた。

誰でも楽しめる“軽演劇”を上演すべく、2004年に伊東四朗が旗揚げした「伊東四朗一座」を継承する、三宅を中心とした「熱海五郎一座」の新作。今作はラサール石井、落語家の春風亭昇太、お笑いコンビ「Take2」の東貴博、演歌歌手・林あさ美ら多彩なゲストを迎え、“落語”をキーワードに歌あり笑いありの喜劇に仕上がった。

5カ月にも及ぶ活動休止を経て、およそ1年ぶりに舞台復帰を果たした三宅は、「入院中はどうなるか分からない不安と戦っていたけど、東北の皆さんが頑張っている姿を見て、日本人のすごさを改めて感じた。それが江戸時代にたどり着き、落語に行き着いた」と着想の経緯を説明。また、「心の広い演出家として、皆さんに自由にやってもらっている。それぞれの見せ場があり、推理やダンスなどエンタテイメントな芝居。どんな人が見ても楽しめる」とアピールした。

刑事役の春風亭は落語の監修も務め、「落語のお芝居だけど僕だけ落語をやらせてもらえない。逆に助かったけど」と開き直り笑わせた。さらに、新婚のラサールと東のノロケぶりに「見てて不愉快!」と恨み節。一方、落語初挑戦となった東は、「誰も突っ込んでくれないのは大変だけど、やればやるほど楽しい」と手応えを感じていた。重鎮の落語家を演じるラサールも、「大師匠役なので幸せ太りでちょうどよかった」とニッコリ。紅一点の林は、「歌は本業なのでどんなジャンルであってもバシッと決めたいけど、やはりお芝居は難しい。笑っちゃいけない役だけど、皆さんが面白いので笑いをこらえるのがつらい」と話した。

「落語日本花吹雪~出囃子は殺しのブルース~」は、6月15日から7月1日まで東京・池袋のサンシャイン劇場で上演される。

壬生義士伝[Blu-ray/ブルーレイ] 壬生義士伝[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 浅田次郎原作の「壬生義士伝」を映画化。世は幕末、武士でありながら一番大切な、大義名分・権力・名誉を捨て、故郷に残した愛する家族の為に見事なまで純粋に生きた男、新撰組隊士・吉村貫一郎の話。出演:三宅裕司
こちら葛飾区亀有公園前派出所 セレクション 1“人情編”[DVD] こちら葛飾区亀有公園前派出所 セレクション 1“人情編”[DVD] 最安価格: ¥2,117 人気コミック『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のテレビアニメシリーズの中から、厳選された4つのエピソードを収録したセレクションDVD。「浅草物語」「兄として…!」「新米刑事、両津!」「遠い放課後」を収録した人情編。出演:ラサール石井

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi