生瀬勝久、主演でなく主人公を強調「興行成績の責任負いたくない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月13日 > 生瀬勝久、主演でなく主人公を強調「興行成績の責任負いたくない」
メニュー

生瀬勝久、主演でなく主人公を強調「興行成績の責任負いたくない」

2012年6月13日 12:53

舞台挨拶に登壇した「スープ 生まれ変わりの物語」キャスト陣「スープ 生まれ変わりの物語」

舞台挨拶に登壇した「スープ 生まれ変わりの物語」キャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生瀬勝久が初の単独主演を務める映画「スープ 生まれ変わりの物語」の完成披露試写会が6月12日、都内の劇場で行われ、生瀬をはじめ共演の刈谷友衣子野村周平大塚祐吉監督らが舞台挨拶に登壇した。6月19日の父の日にちなみ、娘役を演じた刈谷から生瀬にサプライズで花束が贈呈されると、「父親って難しい。僕にも息子がいるけれど、自分のことをまだ大人だと思っていないので、息子の前でどういう父親を演じるかが毎日の課題」とほほ笑んだ。

森田健のノンフィクション「生まれ変わりの村」(河出書房新社刊)に収録されている「スープの伝説」をモチーフに、死んでなお娘を思い続ける父親の姿をユーモラスに描くヒューマンドラマ。生瀬とともにあの世をさまよう上司・綾瀬役を小西真奈美が演じる。

生瀬は、「本当に素敵な脚本をいただいたけれど、この役が僕で本当にいいんだろうかという印象だった。普段からウソばかりついて、エキセントリックな役ばかりやっているので(笑)。このキャラクターを僕にオファーしてくれた監督に本当に感謝」と挨拶。さらに、「この作品にかかわれたことはうれしいけど、主演というよりは主人公を演じたというつもり。興行成績の責任を負いたくないので、あんまり主演と言ってほしくない」と笑わせた。

刈谷は、生瀬の印象を「話も面白いし、こんなお父さんがいたらいいなと思う」とベタ褒め。大塚監督からとにかく厳しい指導を受けたという野村は、「僕以外はみんな天才だと言われた。ずっと『役者人生ゼロにして挑め、バカヤロウ!』って感じだったので、リハーサルは楽しくなかった」と暴露したが、「監督にしぼっていただいたおかげで素敵な映画になった」と感謝の念も忘れなかった。

スープ 生まれ変わりの物語」は、7月7日から公開。

サラリーマンNEO 劇場版(笑)[Blu-ray/ブルーレイ] サラリーマンNEO 劇場版(笑)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,309 サラリーマンや会社をテーマにシュールな笑いを展開する人気バラエティ番組の劇場版がBD化!サラリーマンをリアリティたっぷりに演じる爆笑コントは必見!出演:生瀬勝久
ステップファザー・ステップ BD-BOX[Blu-ray/ブルーレイ] ステップファザー・ステップ BD-BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥24,057 事件やトラブルに巻き込まれる“俺”と双子の奇妙な共同生活を描いたホームコメディ&ミステリードラマ。出演:小西真奈美

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi