吉沢悠&高橋伴明監督、感慨無量の「道 白磁の人」封切り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月9日 > 吉沢悠&高橋伴明監督、感慨無量の「道 白磁の人」封切り
メニュー

吉沢悠&高橋伴明監督、感慨無量の「道 白磁の人」封切り

2012年6月9日 14:58

韓国では7月12日からの公開が決まった「道 白磁の人」「道 白磁の人」

韓国では7月12日からの公開が決まった「道 白磁の人」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本の韓国併合時代、朝鮮半島の緑化に尽力し朝鮮工芸品の研究家としても知られる浅川巧の半生を描く「道 白磁の人」が6月9日、全国55館で公開。高橋伴明監督をはじめ主演の吉沢悠手塚理美酒井若菜石垣佑磨塩谷瞬田中要次らが東京・新宿バルト9などで舞台挨拶を行った。

吉沢は、撮影が終わってから約8カ月を経ての待望の公開に、感動と緊張がない混ぜになったような固い表情。それでも、雨の中詰め掛けた観客に対し、「浅川巧さんが亡くなって、お葬式の時に朝鮮の人々が彼の棺を持って歩いた日が雨でした。今日、たくさんの方に見守られていることは、どこかリンクしているのではと感慨深い思いです」と話し、深々と頭を下げた。

さらに、「日本映画ですが、スタッフの8割は韓国人、ロケも9割が韓国なので合作といってもいい。日韓のスタッフ、キャストが力を合わせ、今の時代だからこそできた奇跡に近い作品」と自信のほども披露。相手役のペ・スビンの来日はかなわなかったが、「彼も日韓でやる意義のあった作品だと、公開を楽しみにしていました。今を生きている我々が、未来への糧を見つけるきっかけになる映画だと思います」と言葉に力を込めた。

その韓国では、7月12日からの公開が決定。高橋監督は、「7年ほど前に持ち上がった企画で、製作委員会の苦労はものすごかったと聞いている。それに報いなければいけなかったし、日韓ほぼ同時に公開というのはひと昔前なら考えられなかった。人と人、国と国が分かり合うには、相手を受け入れることから始まる。浅川巧も50年、100年先を考えて苗を植えていたはず。彼の生きざまが我々へのメッセージであり、それを受け止めてほしい。まだ(日韓関係に)溝はあるけれど、さらに一歩、二歩と進んでいかなければならい」と持論を展開し、満場の大きな拍手を浴びていた。

なお、二股交際で世間を騒がせた塩谷は久しぶりの公の場となったが、「(演じた)柳宗悦の魂、命をいただけて感謝しています。彼ら先代が何を残したのかを、僕らが伝えていかなければいけない」などと映画の話題に終始。退場の際、取材陣から「落ち着きましたか?」「次の恋は見つかりましたか?」など矢継ぎ早の質問には笑顔を向けたものの、無言で会場を後にした。

森崎書店の日々[DVD] 森崎書店の日々[DVD] 最安価格: ¥3,175 失恋の痛手から会社を辞めた貴子は、神保町で古書店を営む叔父サトルに誘われ小さな書店の2階に暮らし始める。ふさぎ込みがちな自分を励ましてくれるサトルをはじめ、常連客や近所の人々と触れ合ううち、貴子は生まれて初めて本の世界へと引き込まれてゆく─。出演:吉沢悠
禅 ZEN[DVD] 禅 ZEN[DVD] 最安価格: ¥3,201 24歳で仏道の正師を求めて入宋、帰国後二度に渡って寺を追われるも、越前志比庄に大仏寺(現永平寺)を建立し指導に励んだ道元の生涯を描くドラマ。監督:高橋伴明

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi