ハライチ澤部、悔しがる「福田萌ちゃん好きだった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月4日 > ハライチ澤部、悔しがる「福田萌ちゃん好きだった」
メニュー

ハライチ澤部、悔しがる「福田萌ちゃん好きだった」

2012年6月4日 20:16

スパイダーマンに扮した「ハライチ」「スパイダーマン」

スパイダーマンに扮した「ハライチ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気澤部佑が6月4日、都内で行われた米映画「アメイジング・スパイダーマン」マナーCM吹き替えタレントのお披露目イベントに出席した。

同日、結婚会見を行った「オリエンタルラジオ」の中田敦彦とタレントの福田萌に対し、澤部は「こんなアメイジングなことはない。ふたりの赤い“糸”が切れなきゃいいですけど」とスパイダーマンにからめて祝福。「交際が発覚する前から、中田さんが『今の彼女がすごくいい子なので、結婚するかも』と言っていた」と明かす一方、「僕も福田萌ちゃんのこと、好きだったのに……。間に合いませんでした」と悔しがった。

現在、一部劇場とウェブ上で公開されているマナーCMは、映画の本編映像を使用し、岩井と澤部が声優を務めたスパイダーマンがマナー向上をアピールする。この日はおそろいのスパイダーマンスーツに身を包んで登場し、「着心地最高!」(澤部)、「でも澤部さん、太っているからスーツが伸びて、色が薄くなっている」(岩井)。本作にちなんだ漫才も披露され、岩井が「人気のクモ」を皮切りに、「陰気なクモ」「短気なクモ」「子犬のメカ」などと徐々に本題からズレたボケを展開し、澤部がひとつひとつ突っ込む“ノリボケ漫才”で会場を沸かせていた。

サム・ライミ監督が手がけた「スパイダーマン」3部作(2002、04、07)からスタッフ、キャストを一新させた“新シリーズ”第1弾。13年前に失踪した父親の秘密を知った主人公ピーター・パーカーが幼少期のトラウマと向き合い、スパイダーマンとして生きる決意をする。主演は「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド。「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督がメガホンをとり、アクションだけでなく主人公の繊細な内面をエモーショナルに描く。

アメイジング・スパイダーマン」は6月23日、24日に世界最速3D先行上映。6月30日から全国で公開される。

Blu-ray スパイダーマンTM トリロジーボックス[Blu-ray/ブルーレイ] Blu-ray スパイダーマンTM トリロジーボックス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,824 脅威的なアクションと魅力的なストーリーで世界的大ヒットを巻き起こした『スパイダーマン』3部作を収録したBlu-ray BOX。監督:サム・ライミ
ソーシャル・ネットワーク[DVD] ソーシャル・ネットワーク[DVD] 最安価格: ¥1,000 「facebook」創設秘話をデヴィッド・フィンチャー監督が描いたドラマ。ハーバード大に通うマークは、恋人に振られた腹いせに作った女子学生の人気投票サイトで注目を集めるが…。出演:アンドリュー・ガーフィールド

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi