新藤兼人監督の通夜に約1000人 津川雅彦「おめでとう」撤回 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月2日 > 新藤兼人監督の通夜に約1000人 津川雅彦「おめでとう」撤回
メニュー

新藤兼人監督の通夜に約1000人 津川雅彦「おめでとう」撤回

2012年6月2日 21:33

5月29日に老衰のため100歳で死去した新藤兼人監督の遺影「一枚のハガキ」

5月29日に老衰のため100歳で死去した新藤兼人監督の遺影
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月29日に老衰のため100歳で死去した新藤兼人監督の通夜が6月2日、東京・芝公園の増上寺で営まれた。遺作となった「一枚のハガキ」や日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた「午後の遺言状」に出演した津川雅彦が弔辞を読んだほか、豊川悦司竹中直人奥田瑛二安藤和津夫妻、星由里子川上麻衣子らが弔問に訪れた。

胡蝶蘭や白ユリなどで彩られた祭壇は、新藤監督の代表作で海外でも絶賛された「裸の島」(1960)の舞台である瀬戸内海の宿彌島(すくねじま/広島県三原市)をイメージしたもの。遺影には「一枚のハガキ」撮影時の2010年に撮られたものが使用された。

弔辞に立った津川は「先生、今日は先生の弔辞を読むお役目を頂戴しました。(津川が出演した)『墨東綺譚』以来の大役、ありがとうございます。最後のラブレターだと思ってください」と優しく語りかけるように話し始めた。

先日、新藤監督の逝去直後に、報道陣の取材に応じた津川は、100歳での大往生ということで新藤監督に「おめでとう」という言葉を送っていた。だが、新藤監督が死去前夜まで「日本語と英語の2回撮ろう」と寝言でまで撮影に臨んでいたという話を聞き、弔辞の場で前言を撤回。「先生、『おめでとう』なんて言ってごめんなさい。先生の執念に降参です」と頭を下げた。また遺作「一枚のハガキ」の打ち上げで津川の手を取り、涙を流しながら「津川さん、これで最後かな。もう会えないかな」と語ったというエピソードを披露し「その手の強さにびっくり。先生の手の感触は生涯忘れません」と語り、最後に「愛しています。ありがとうございました」と言葉を振り絞った。

竹中は、2000年の「三文役者」に出演。棺の中の監督と対面し「深い感謝の思いを伝えました。優しい素敵なお顔をしていました。『三文役者』の思い出を語りましたが、受け止めてくれたと思います。凝縮した1本が撮ることができてよかったです」と静かに語った。永島は「地平線」(84)のアメリカロケを振り返り、「砂漠で40℃の暑さの中、監督が一番元気でした。僕らは食欲ないのに(妻で女優の)乙羽信子さんと2人でハムステーキを食べていました」とおしどり夫婦ぶりを懐かしそうに明かした。

奥田は監督作への出演はなかったが、自宅が近所で、新藤監督の孫娘で映画監督の新藤風(かぜ)が車椅子を押している姿を間近で見ていたという。新藤監督が独立プロダクションで作品を撮り続けていた点に触れ、「いかに独立プロが日本映画を支えてきたか。その魂を我々がキッチリと継いで、へこたれずに映画を撮り続けないといけない。今日、僕は敢然と100歳(まで生きること)を目標にしました」と誓っていた。

川上は10代で新藤監督と出会い「地平線」に出演したが、「しごいていただき、最初のうちは怖くて緊張する監督でした」と告白した。「撮影で『川上さんが歩けないので今日の撮影は中止です』と言われたこともあって、撮影所で2人きりで歩く特訓をしてもらった」と述懐。

弔辞を終えた津川は「情の濃い方で、気安く付き合っていただきました」としみじみ。「先生を見習って、一歩でも先生の根性に近づきたい。それまでお別れは言いません」と言葉に力を込めた。この日、足を運んだ弔問客は約1000人。長年にわたり助監督を務めた神山征二郎監督のほか、篠田正浩監督、山本晋也監督、安藤モモ子監督、安藤サクラ平田満原田大二郎渡辺大らの姿も見られた。告別式は明日6月3日、同寺で執り行われる。

午後の遺言状[DVD] 午後の遺言状[DVD] 最安価格: ¥5,076 日本アカデミー賞を始めとする数々の映画祭で大絶賛を浴びた傑作。蓼科に避暑に訪れた老女優と彼女の世話をする農婦。その農婦の娘が実は老女優の夫の子供だという告白から、2人の心は揺れ始めた…。出演:津川雅彦、監督:新藤兼人
一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD] 最安価格: ¥3,959 第23回東京国際映画祭 審査員特別賞 受賞!第84回米国アカデミー賞 外国語映画賞部門 日本代表出品!日本最高齢の巨匠・新藤兼人監督が描く反戦映画。出演:豊川悦司/豊川悦司

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi