新藤兼人監督が死去 100歳、「一枚のハガキ」が遺作に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月30日 > 新藤兼人監督が死去 100歳、「一枚のハガキ」が遺作に
メニュー

新藤兼人監督が死去 100歳、「一枚のハガキ」が遺作に

2012年5月30日 16:58

昨年12月「新藤兼人賞」の授賞式に出席した新藤監督「一枚のハガキ」

昨年12月「新藤兼人賞」の授賞式に出席した新藤監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本最高齢の映画監督で、反戦を訴えた作品で知られる新藤兼人監督が5月29日、老衰のため死去した。今年4月22日に100歳を迎えていた。98歳で監督し、昨年公開された49作目の「一枚のハガキ」が遺作となった。

新藤監督は1934年に京都の新興キネマに入社。脚本の執筆を始めてからは溝口健二監督に師事した。第2次世界大戦中の44年に松竹大船撮影所脚本部に移籍後、海兵団に入隊。終戦後、脚本家としての道を歩み、「安城家の舞踏会」(47)、「わが生涯のかがやける日」(48)などを手掛ける。50年に松竹を退社し、吉村公三郎殿山泰司らとともに独立プロダクション「近代映画協会」を設立した。

後に妻となる女優の乙羽信子が出演した「愛妻物語」(51)で監督デビュー。「裸の島」(60)では、第2回モスクワ国際映画祭でグランプリを獲得したほか、世界の映画祭で高い評価を得た。その後も「裸の十九歳」(70)、「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」(75)、「墨東綺譚」(92)、「午後の遺言状」(95)といった名作を世に送り出した。

96年に第14回川喜多賞、97年に文化功労者、02年には文化勲章を受章。豊川悦司大竹しのぶが出演、自らの戦争体験をもとに製作した「一枚のハガキ」(11)を最後に、引退を表明していた。

一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD] 最安価格: ¥3,959 新藤兼人監督の実体験を元に、人の命が“クジ”によって左右され、兵士の死が残された家族のその後の人生をも破滅に導くという戦争の愚かしさを、体験者の目線で描いた戦争ドラマ。監督:新藤兼人、出演:豊川悦司/大竹しのぶ
愛妻物語[DVD] 愛妻物語[DVD] 最安価格: ¥4,121 新藤兼人の監督デビュー作で自伝的物語。駆け出しのシナリオライター・沼崎は下宿先の娘・孝子と駆け落ち結婚をした。知人を頼り京都に身を寄せ、日本を代表する坂口監督にシナリオを見てもらう。だが、坂口からは「全然使えない」と言われ、沼崎は坂口に認められるべく一心不乱にシナリオを書き続ける。その間、孝子は内職をして沼崎を助ける。一年後、沼崎は坂口から仕事の依頼を受けるが…。

関連DVD・ブルーレイ情報

一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD]最安値: ¥2,426 一枚のハガキ[DVD] 一枚のハガキ[DVD]最安値: ¥3,959 愛妻物語[DVD] 愛妻物語[DVD]最安値: ¥4,121
愛妻物語[DVD] 愛妻物語[DVD]最安値: ¥2,000 墨東綺譚【完全無修正版/HDリマスター】[DVD] 墨東綺譚【完全無修正版/HDリマスター】[DVD]最安値: ¥3,201 午後の遺言状[DVD] 午後の遺言状[DVD]最安値: ¥5,076
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi