山田洋次監督、新藤監督逝去に悲痛「仰ぎ見る先輩いなくなった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月30日 > 山田洋次監督、新藤監督逝去に悲痛「仰ぎ見る先輩いなくなった」
メニュー

山田洋次監督、新藤監督逝去に悲痛「仰ぎ見る先輩いなくなった」

2012年5月30日 18:03

新藤監督との思い出を語った山田洋次監督「東京家族」

新藤監督との思い出を語った山田洋次監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が5月30日、日本最高齢の映画監督である新藤兼人さんが100歳で死去したことを受け、東京・成城の東宝スタジオで会見した。最新作「東京家族」の会見直後に訃報を聞いたそうで、「ビックリしている。僕自身がいい年だから、新藤さんが元気でいてくださることは、とても大事でありがたかった。仰ぎ見る先輩がいなくなるのは本当にさびしい」と悲痛な表情で語った。

新藤監督と最後に会ったのは、6~7年前になるという。「地をはうようにして映画をつくられた方。製作上でつらい思いをされていたけれど、ヒットするしないを考えずに生涯、映画を撮り続けた人。僕なんかには想像できない苦しい思いをしてきたんじゃないだろうか」。印象に残る作品は、「初期の『縮図』。最新作『一枚のハガキ』は、新藤さんにしかできない映画。今までの常識を取っ払い、新藤さんの肉声がスクリーンから聞こえてくるような作品だった」と故人を偲んだ。

また、新藤監督と最も交流を持っていた40~50年前を振り返り「昔、シナリオの打ち合わせをしたとき、科学者のような態度で臨まれていて驚いたことがある。独特の創作術があったからこそ、全ての作品が水準以上の力をもっていたんじゃないか」。そして、「もう1本作ることになれば、素晴しいことだと念じていた。でも、それもできなくなっちゃいましたね」と肩を落とした。

復活~山田洋次・SLを撮る~[DVD] 復活~山田洋次・SLを撮る~[DVD] 最安価格: ¥4,104 SL「C6120」復活の一大プロジェクトを映画監督・山田洋次が記録した貴重なドキュメンタリー作品。
けんかえれじい[DVD] けんかえれじい[DVD] 最安価格: ¥4,104 無類の喧嘩好きの青年が大きな喧嘩を求めて岡山の田舎から、会津へ、そして東京へと驀進していく姿を描いた作品。監督は鈴木清順。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi