「少年は残酷な弓を射る」原作本の日本発売が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月27日 > 「少年は残酷な弓を射る」原作本の日本発売が決定
メニュー

「少年は残酷な弓を射る」原作本の日本発売が決定

2012年5月27日 16:00

「少年は残酷な弓を射る」原作本「少年は残酷な弓を射る」

「少年は残酷な弓を射る」原作本
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年のロンドン映画祭で作品賞を受賞した「少年は残酷な弓を射る」の原作本の日本発売が決定した。作家のキャリアを捨てた母親と、その母親に異常なまでの悪意と執着心を抱く息子との関係を描いた作品で、その過激な内容に日本では発売不可能と思われていた。

ライオネル・シュライバー原作の「We Need To Talk About Kevin」は英国女性作家文学賞の最高峰オレンジ賞に輝いた400ページに及ぶ長編で、英米ではベストセラーとなっている。幼い頃から母に懐くことなく反抗を繰り返していく息子、そしてわが子へ激しい戸惑いを見せる母親の間に起こる事件の過激な描写から、日本での出版は難航していた。

しかし映画の日本公開決定と、そして英国版に寄せられた「この作品は多くの女性が感じていながら決して口に出すことのなかった真実……母になることへの怖れと生まれてくる子を愛せないかもしれないという不安を広く知らしめた」という批評に引かれた女性編集者が出版を決意し、日本でも発売されることが決定した。

映画ではティルダ・スウィントンと美ぼうの新人俳優エズラ・ミラーが共演、愛憎入り混じった母子関係を熱演する。

少年は残酷な弓を射る」は、6月30日から公開。同名の原作本(上下巻・1700円予定)は、6月15日イーストプレスから発売。

フィクサー[Blu-ray/ブルーレイ] フィクサー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,691 全米を震撼させた3000億円にのぼる薬害訴訟を巡る陰謀に立ち向かう、もみ消し屋“フィクサー”の男の姿を描いた極上サスペンス!出演:ティルダ・スウィントン
おとなのけんか コレクターズ・エディション[DVD] おとなのけんか コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 11歳の子供同士の喧嘩の後、話し合いのため集まった2組の夫婦。冷静に平和的に始まったはずの話し合いは、次第に強烈なテンションで不協和音を響かせ、お互いの本性がむき出しになっていき、やがては夫婦間の問題までもが露わになっていく。出演:ジョン・C・ライリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi