冨永愛、次の恋愛は「いくらなんでも早すぎる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月19日 > 冨永愛、次の恋愛は「いくらなんでも早すぎる」
メニュー

冨永愛、次の恋愛は「いくらなんでも早すぎる」

2012年5月19日 10:00

今後の展望を語った冨永愛

今後の展望を語った冨永愛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モデルでタレントの冨永愛が5月18日、都内で会見し、芸能生活15周年を記念したイベント「I, Tominaga 15th Anniversary」の開催を発表した。冨永自身がプロデュースを手がけ、東京・表参道ヒルズで7月31日から8月5日までの6日間行う予定で「ちょうど(8月1日に)30歳になるので、一種の区切りになれば。今までやってきたこと、今やっていること、今からやりたいことを皆さんに見ていただければ」と抱負を語った。

イベントではデビュー当初から冨永を撮影し続けてきた写真家レスリー・キーの作品をアーカイブ展示するほか、これまでコラボレーションした各分野のアーティストや関係者からのコメントを紹介。トークショーやステージイベント、冨永が大使を務める国際協力NGOジョイセフ(途上国の妊産婦と女性を守るための支援団体)や子供地球基金のワークショップも行われる予定だ。

冨永は「いろんなことがあった15年。私自身は死ぬまでモデルでいたいし、これから表現者として新たなステップがあるはず。(精神的に)余裕も出てきたので、女優もやってみたい」。キャリア最大のターニングポイントは「23歳で子どもを産んだこと」と断言し、「それまでは国際舞台でアジア人として戦っている意識だった。でも“守るもの”ができたことで、表現を楽しんだり、誰かに感動を与えたりできればと思えるようになった」と意識の変化を振り返った。

記者から「15年の間で一番“しゅん”と落ち込んだ出来事は?」と一連の二股騒動を蒸し返す質問が飛ぶと、「忘れっぽい性格なので、過ぎたことは……。もういいじゃないですか(笑)」とけん制。新たな恋については「いくら何でも早すぎるでしょ!」と笑い飛ばした。15周年イベント「I, Tominaga 15th Anniversary」の模様は、冨永がデイリーキャスターを務めるWOWOWの情報番組「ザ・プライムショー」で無料放送される予定。

<劇場版>デビルマン[DVD] <劇場版>デビルマン[DVD] 最安価格: ¥2,931 永井豪原作のコミックを実写化。人類存亡の危機の中、苦悩しながらも人間を守ろうと戦うデビルマンの姿を描く。出演:冨永愛

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi