宇田鋼之介監督、手描きを貫いた最新作で描く“次への一歩” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月18日 > 宇田鋼之介監督、手描きを貫いた最新作で描く“次への一歩”
メニュー

宇田鋼之介監督、手描きを貫いた最新作で描く“次への一歩”

2012年5月18日 21:00

メガホンをとった宇田鋼之介監督「虹色ほたる 永遠の夏休み」

メガホンをとった宇田鋼之介監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東映アニメーションが送りだすオリジナル長編アニメ「虹色ほたる 永遠の夏休み」が、5月19日に公開される。作家・川口雅幸がホームページで連載した人気小説を、懐かしさを感じさせるタッチで映画化。大ヒットアニメ「ワンピース」シリーズのディレクターとして知られ、今作のメガホンをとった宇田鋼之介監督が、作品に込めた思いを語った。

小学6年生のユウタは、夏休みに亡き父との思い出の山奥へ出かける。突然の嵐に襲われ30年以上前の世界にタイムスリップしたユウタは、村で出会った少女さえ子や少年ケンゾーとともに不思議な時間を過ごす。

宇田監督は、映画化にあたり「ストーリーが持つ肌触り感」を出すことにこだわり、柔らかい画風を出す手描きを貫いた。「手触り感は直に手で描かないと表現できない。実は今回、1カットもCGを使っていないんです。ホタルも1個1個アニメーターが点を描き、瑣末(さまつ)な背景でも絵具できちんと描いています」とかつての手法をよみがえらせ、今作を完成させた。

今作は手づくり感あふれる映像のなか、子どもたちのたくましさやノスタルジーという要素がちりばめられている。主人公ユウタとさえ子は、最愛の人を亡くした喪失感を抱えていた。しかし、ともに過ごす時間のなかで強さを身につけ、手探りで乗り越えていく。宇田監督は「度合いはそれぞれでも、みんな日常生活をする上で問題を抱えている」と分析し、原作で描かれた“生きるための次への一歩”を今作の軸に据えた。「踏み出すのには心の準備が必要ですが、それでも踏んでいかないと次に行くことができない。ユウタやさえ子やケンゾーの心の動きや成長として、どうやって踏んでいくのかという過程を与えていきました」。


画像2

(C)川口雅幸/アルファポリス・東映アニメーション
[拡大画像]

舞台となる1977年当時、宇田監督は主人公ユウタと同じく12歳の少年だった。自らの体験や記憶を織り交ぜながら、自然に囲まれた村の温かさと人々の交流を形にすることで、失われつつある古き良き日本の姿が瑞々しく息づいている。

「今回、キーワードとしてノスタルジーというものがありました。でも77年という年は、いろいろなものが変わっていった微妙な境目の時期なんですよ。この村も夏が終わると消えてしまうように、消えゆくものの儚さというものがあるんです。例えば、田舎はほとんどの道路が砂利かコンクリート舗装だったんです。ところが、このぐらいの年代からどんどんアスファルト舗装が進んでいきました。古き良き時代でありながら、それが日めくりのように消えていった時期でもあるんです」

「映画って見終わったあとが一番大事だと思うんです」という宇田監督は、「この映画を見終わった後、『お父さんやお母さんたちの時代はあんな感じだった』と親子で会話できたら素敵だな、幸せだなと思います。家でビデオ見るのとは違う楽しさを味わっていただけたら」と笑顔をのぞかせた。

虹色ほたる 永遠の夏休み」は、5月19日から全国で公開。

ラブ★コン DVD-BOX volume.1[DVD] ラブ★コン DVD-BOX volume.1[DVD] 最安価格: ¥7,582 170cmの長身にコンプレックスを抱く高校生・小泉リサと、同じく身長がコンプレックスの大谷敦士は、お笑いの息だけはピッタリのデコボコ・コンビだった。そんな二人は最初はいがみ合っていたが、リサは次第に大谷に惹かれていき…。監督:宇田鋼之介
ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵[DVD] ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵[DVD] 最安価格: ¥3,489 ひょんなことから出会った老婆を、彼女の息子でありメカ島の領主であるラチェットのもとに送り届けたルフィ海賊団。その後ラチェットらとともに宝探しをすることになったルフィたちだが、その先には数々の罠が待ち受けていた…。監督:宇田鋼之介

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi