品川ヒロシ「嫁が緊張する」と相方・庄司の息子との対面叶わず : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月18日 > 品川ヒロシ「嫁が緊張する」と相方・庄司の息子との対面叶わず
メニュー

品川ヒロシ「嫁が緊張する」と相方・庄司の息子との対面叶わず

2012年5月18日 19:00

教壇に立った品川ヒロシ「漫才ギャング」

教壇に立った品川ヒロシ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画監督として活躍するお笑いコンビ「品川庄司」の品川ヒロシが5月18日、東京・北品川の品川女子学院で行われた「品川ヒロシとシナリオ学」の取材会に出席。一児の父親である品川は、3月に第一子が誕生した相方・庄司智春について「家に行かせてくれって言っても、『嫁(藤本美貴)が緊張するから』って嫌がるんです」と恨み節。そして、「向こうは男の子でうちは女の子だから、あんまり仲良くしてほしくないですね」と“親バカ”ぶりを発揮し報道陣の笑いを誘った。

同企画は、中学3年生から高校2年生の約600人を対象にした校内公募で選ばれた、42人の学生が参加。品川が特別講師として5~12月、シナリオ研究や発表会など7回にわたりシナリオ学の授業を行う。

漫才ギャング」「ドロップ」でメガホンをとった品川は、「最近ショートフィルムが面白くて。この前も『インパルス』の板倉(俊之)、『ロバート』の秋山(竜次)、宮川(大輔)に出演してもらって、ショートフィルムをつくった」と報告。初授業を前に「番組の企画として『授業の設定でバラエティをやりたい』と言ったら、こんなことになってしまった。大丈夫かな」と不安げな表情をのぞかせながらも「教えるより、みんなでつくっていきたい。せっかくやるからには、みんなの思い出になるいいものがつくれたら」と意欲をのぞかせた。

品川はこの日、第1回「イントロダクションから人を楽しませよう」の講義で教壇に立った。「映画をつくりたい」「新しいことにチャレンジしたい」と目を輝かせる生徒に向け、「我流で2本つくったので、教えるというよりも半年かけて1本の短編をつくれたら」と熱心に語りかけた。

「ドロップ」 スタンダード・エディション[DVD] 「ドロップ」 スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,201 人気お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが、自身の体験をベースに綴った青春小説『ドロップ』の映画化。不良に憧れて、私立の中学校から公立中学校に転校したヒロシは、さっそく不良たちに目をつけられ、河川敷に呼び出される。
漫才ギャング スタンダード・エディション[DVD] 漫才ギャング スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,642 お笑いで成功を夢見る芸人の想いをテーマに爽快感あふれる青春物語を描いた、品川ヒロシ監督作品第2弾!偶然、同じ留置場に放り込まれた売れない芸人の飛夫と不良の龍平。龍平のツッコミの才能に気づいた飛夫は、あることを思いつく。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi